[日本]国際シンポジウム「ロボット倫理及び現代社会における「心身論」の可能性について」

[日本]国際シンポジウム「ロボット倫理及び現代社会における「心身論」の可能性について」

[日本]国際シンポジウム「ロボット倫理及び現代社会における「心身論」の可能性について」

 次の国際シンポジウムが開催されるとのことです。

国際シンポジウム
 ロボット倫理及び現代社会における「心身論」の可能性について―クオリティライフとは何か―
日時: 2015年1月23日(金)
会場:筑波大学 大学会館国際会議室(茨城県つくば市天王台1-1-1)
入場無料、日英同時通訳付き
 9:45-10:15
 基調講演  永田 恭介教授(筑波大学 学長)
 開会挨拶
 佐藤 貢悦教授(筑波大学国際日本研究専攻 専攻長)
 モニカ ゾーマ参事官(ドイツ大使館)
 松村 明教授(筑波大学副学長)
10:15–12:15   第1セッション:ロボット倫理及び心身論に基づく価値創発の可能性
 プレナリー講演:仲田 誠教授(筑波大学)
 山海 嘉之教授(筑波大学)
 ラファエル・カプーロ教授(国際情報倫理学研究センター センター長)
 佐藤 貢悦教授(筑波大学)
 ディスカッション(30分)
 司会:マルティン・ポール准教授(筑波大学)
12:15 – 13:00  ランチ
13:00 – 14:20  第2セッション:ロボット倫理と公的機関の役割
 ドイツの視点から:ユルゲン・ゴーデ教授(ドイツ政府顧問、ドイツ高齢者介護評議委員会議長)
 日本の視点から:苧谷 秀信審議官(厚生労働省 老健、障害保険福祉担当)
 ディスカッション(30分)
         司会:辻中 豊教授(筑波大学ICR機構 機構長)
14:50 – 16:30  第3セッション:ロボット倫理:産業・企業の視点から
 マルティン・ポール准教授(筑波大学)
 清澤 芳秀取締役(ハーモニックドライブシステムズ)
 ライナー・ビショッフ技術開発部長(KUKAロボット有限会社)
 アンドレアス・ブレイ代表取締役(Metra Labs有限会社)
 ディスカッション(30分)
         司会:福原 直樹教授(筑波大学)
16:45 – 17:30  総括・パネルディスカッション
 司会:福原 直樹教授(筑波大学)
17:30     閉会挨拶
 阿江 通良教授(筑波大学 副学長)
18:00 – 20:00  フリードリヒ・エーベルト財団歓迎会
シンポジウムに関する問い合わせ先:roboethics@japan-germany.org
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
6位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ