[ミャンマー]ユニセフが障害児教育に関する調査を実施

[ミャンマー]ユニセフが障害児教育に関する調査を実施

 ミャンマータイムズ紙2014年12月8日号によれば、ユニセフは、2015年1月から障害児教育の実態とニーズについて分析するための調査を実施するとのことです。
 ミャンマーの障害児は、家族、地域社会、学校などいろいろな場所で、スティグマ視されており、暴力を振るわれることさえあるとのことです。2010年に実施された調査によれば、ミャンマーの全人口の2.3パーセントが障害者であり、16歳未満の障害児は30万人超であるとのことですが、世界の障害者の人口比が10-15%であることに比較すればかなり低い値になっています。また、6-16歳の障害児の60%は学校に通学しておらず、教師が障害児に対する訓練を受けていないとのことです。
 国連は、ミャンマーの社会福祉省と障害児の保健、教育、福祉を中心に据えるための協議を続けてきました。また、2010年には障害者が国の開発に貢献するための機会を確保できるようにするための障害者行動計画が作成されました。さらに、障害者に関する新しい法律も議会で検討されています。しかし、2005年にミャンマーは、インクルーシヴ教育制度を採用したにもかかわらず、昨年、盲児は、それから除外してしまったとのことです。
 記事は、下のサイトで読めます。(寺島:参照Empowerment Cafe Weekly Bulletin - 6 - 12 December 2014)
http://www.mmtimes.com/index.php/national-news/12458-unicef-to-study-education-for-disabled.html
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
6位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ