[米国]労働省が障害労働者の最低賃金に関するガイドブックを発刊

[米国]労働省が障害労働者の最低賃金に関するガイドブックを発刊

 2014年12月、労働省は、「大統領命令13658号に基づく障害労働者の最低賃金増額に関するガイドブック「(Fact Sheet on Raising the Minimum Wage for Workers with Disabilities Under Executive Order 13658)」を発刊しました。
 以前のブログでも紹介しましたが、2014年2月12日にオバマ大統領が大統領命令13658号「委託業者における最低賃金の制定(Establishing a Minimum Wage for Contractors)」に署名しました。このガイドブックは連邦政府と契約している事業者が守るべき最低賃金について解説しています。
 それによれば、最低賃金は、2015年1月から1時間あたり10.10ドルになり、事業者はすべての従業員に対しこの最低賃金を支払わなければならないし、公正労働基準法14条(c)により認められた能力給(commensurate wages)を支払っている場合もその額が最低賃金以上でなければならないとのことです。
 例えば、障害のない労働者が時給14ドルで、障害労働者の生産性が50%であれば、賃金は時給7ドルになるところですが、この額は最低賃金を下回っているので時給10.10ドル以上にしなければならないとのことです。これは、保護工場であっても適用されるとのことです。
 詳しいことは下のサイトをごらんください。(寺島)
http://www.dol.gov/whd/flsa/eo13658/EO-factsheet.pdf
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ