[米国]従業員が自分の障害を企業主に明らかにするかどうかについての研究

[米国]従業員が自分の障害を企業主に明らかにするかどうかについての研究

 コーネル大学のサラ・フォン・シュラダーら(Sarah von Schrader & Valerie Malzer & Susanne Bruyère)は、外観からわかる障害者、外観からはあまりわからない障害者、および外観からはわからない障害者ほぼ600人に対して自分の障害を雇用主やこれから雇用主になる人に明らかにするかどうかについて調査しました。その結果次のようなことがわかったとのことです。
・回答者の多くは、障害を明らかにすることで、就職が不利になったり、職場での待遇が不平等になることを心配していた。
・73%が、障害者を隠す理由としては解雇されることへの心配であると答えた。
・これらの心配にもかかわらず、80%が、自分の障害を明らかにすると答えた。その理由としては、配慮を必要としていることと、雇用主に対して正直でありたいということなどであった。
・外見から障害がわからない人でも77%が障害を明らかにしたと答えている。
・障害を明らかにした直後に否定的な反応があったと答えた人は10%であり、長期的にはそのような反応があったと答えた人は24%であった。
・結論として、管理者の教育や職場の雰囲気作りなど雇用主の前向きな取り組みにより、従業員が障害を明らかにすることに不安を感じなくてすみ、障害者に対する理解のある企業文化を醸成できるとしています。詳しくは、研究論文をご覧ください。研究論文のタイトルは、「Perspectives on Disability Disclosure: The Importance of Employer Practices and Workplace Climate」で、Employee Responsibilities and Rights JournalのDecember 2014, Volume 26, Issue 4, pp 237-255に掲載されています。下のサイトから無料でダウンロードできます。(寺島)
http://download.springer.com/static/pdf/999/art%253A10.1007%252Fs10672-013-9227-9.pdf?auth66=1417944904_c13dba4dca37390c668284ef25127027&ext=.pdf
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ