[米国]学校における障害生徒の分離の状況

[米国]学校における障害生徒の分離の状況

 ニューハンプシャー大学のギャグノン(Do u g l a s J. G a g n o n)氏らの調査報告によれば、2009年から2012年にかけて、各州は、学校における障害生徒に対する制限や分離をやめる方針に転換したにもかかわらず、実際の学校ではあまり変化はみられないということです。
 報告書のタイトルは、「近年の政策変更にも関わらず、いくつかの学区においては障害生徒に対する制約と分離は一般的に行われておりあまり変化していない(Restraint and Seclusion of Students With a Disability Continue to Be Common in Some School Districts Patterns Remain Relatively Consistent Despite Recent Policy Changes)」で、ギャグノン氏らの研究者は、2011-2012年市民権データ集計(2011–2012 Civil Rights Data Collection:CRDC)、2012年小地区所得貧困推計(2012 Small Area Income and Poverty Estimates:SAIPE)、2010年センサス(2010 U.S.Census)を使って、2009-2010年の学校における障害生徒に対する制限や隔離と2011-2012年のそれを比較したところ、上のような結果であったとのことです。
 また、低所得者やマイノリティーの少ない地区の学校での障害生徒に対する制限や隔離の割合は、低所得者やマイノリティーの多い地区の学校よりも高いが、その傾向は緩和されてきているとのことです。
 報告書は、次のサイトからダウンロードできます。(寺島)
http://scholars.unh.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=1223&context=carsey
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
6位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ