[お知らせ]CBRセミナー・ワークショップのご案内11/1(福島県)

[お知らせ]CBRセミナー・ワークショップのご案内11/1(福島県)

 CBRセミナー・ワークショップのご案内です。協会主催ですが、この度は福島県白河市です。以下、パンフレットから転載いたします。無料です。お近くの方はどうぞお立ち寄り下さいませ。(MH)
-------------------------------------------------------------------------------
地域ささえあいネットワーク作りに向けて
ーCBRセミナー・ワークショップのご案内―

開催日時:11月1日(土) 時間:13:00~17:50
会 場:白河市立図書館 交流会議室 
住所;白河市道場小路96-5
(JR東北線「白河駅」出口より徒歩約2分)電話:0248-23-3250
申込先:基幹相談支援センターけんなん大河原さんまで。
電話0248-21-5484、 e-mail: m-ookawara@fukushima-sj.jp
内容については、本協会 国際課の上野、佐々木まで。
電話:03-5292-7628、fax:03-5292-7630
e-mail:yukasasaki@dinf.ne.jp  eueno@dinf.nejp

 日本では社会の課題が複雑化し、生活の困窮に陥る人が増え、公的な福祉サービスでは対応しきれなくなっています。一方法律や制度が十分整っていないアジアの国では、障害のある人と家族の生活の向上のためにCBR(地域に根差したリハビリテーション)が実践されてきました。CBRには、ICF(国際生活機能分類)や障害者権利条約の概念が加わり、地域の人もいっしょに地域づくりにかかわる、CBID(コミュニティにおけるインクルーシブ開発)へと進展してきました。
当協会ではこれまでにもCBRセミナーを開催して、CBRでは世界的に知られている専門家を招き、日本で地域づくりを念頭においている地域福祉の実践者をお招きして、意見交換や交流をして参りました。 
  今年は、社会福祉法人こころんさんのご支援により、白河市地域自立支援協議会および西白河地域自立支援協議会就労支援部会のご協力を得て、CBRの専門家であるインドのマヤ・トーマス氏、一般社団法人草の根ささえあいプロジェクトの渡辺ゆりか氏をお招きして、CBRセミナー・ワークショップを開催することになりました。
  どなたでもご参加いただけます。分野が違ってもご関心がありましたら、ぜひご参加願います。

プログラム
12:30      受付開始
13:00      開会・趣旨説明
13:05-13:45 講演、マヤ・トーマスさん、「障害・CBR・インクルーシブ開発」ジャーナル編集者
          「CBRの到達点とCBID成功のための様々な連携に関する考え方と実践」(仮題)についてお話いただきます。
13:45-14:00  休憩
14:00-17:20  できることもちよりワークショップ
解説とファシリテーター:渡辺ゆりかさん、一般社団法人草の根ささえあいプロジェク
ト代表理事、名古屋市
ワークショップの概要
重複した困りごとを抱えた方の事例を参加者全員で共有し、その事例に対してひとりひとりの<できること>を<もちよる>ワークショップです。「1人で支えられること、10人で支えられること、100人で支えられること」の差を知ること。そして参加者全員で、縦割りの壁・あきらめの壁・知らないことの壁を突破し、分野や立場を越えた連携の可能性や有効性を体験します。愛知県・名古屋市以外では、東京都、さいたま市、川崎市、富山市、岐阜市での開催実績があるほか、大学の講義の一環としても用いられています。

17:20-17:40    マヤ・トーマスさんと渡辺ゆりかさんとの振り返りセッション
17:40-17:50    閉会
講師紹介:
マヤ・トーマスさん:障害・CBR・インクルーシブ開発ジャーナルの編集者。バンガロール、インド。CBRガイドラインの執筆者のひとり、CBRといえばこの人というくらい世界で知られています。またバンガロールはCBRが活発に行われているところとしても知られています。

渡辺ゆりかさん:一般社団法人草の根ささえあいプロジェクト代表理事。制度に頼れず、社会的に孤立する人を応援するためのボランティア活動からスタートし、2012年法人化。現在は、調査研究・相談支援・福祉サービス・生活就労支援・ネットワーク・研修出版・ワークショップなど各事業を展開。

※CBRとは (地域に根差したリハビリテーション)
1980年代にWHO(世界保健機関)等によって開発された、途上国に住む障害のある人々と家族の生活の改善するためのアプローチである。

※※CBIDとは(コミュニティにおけるインクルーシブな開発)
   地域社会開発を基本的な考え方とし、日本の社会で人々が抱える問題が多様化、複雑化し、既存の制度では地域社会の問題に追いついていけない現状があり、貧困の削減や障害のある人のエンパワメントに焦点をあてる。
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/10/30 | ケノーベル エージェント |

ケノーベルからリンクのご案内(2014/10/30 08:43)

白河市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ