[車いす]新しい車いすいろいろ

[車いす]新しい車いすいろいろ

 ガーディアン紙2014年10月9日号で、5つの新しい車いすが紹介されています。
 ウィル(Whill)は、トヨタと日産のもとデザイナーとエンジニアたちが設立した企業が開発しました。4輪駆動の電動車いすですが、前輪にオムニホイールと呼ばれる進行方向と垂直に回転する24個の小さな車輪をもったタイヤが使われていて、最小回転半径71cmを実現しています。また、4輪駆動であるため、草道、雪道、砂道、砂利道でも走行可能だとのことです。操作もジョイスティックではなく、腕で操作するトラックマウスのような装置を使います。その微調整はスマートホンでできるとのことです。ファッショナブルな近未来的なデザインをしています。(http://whill.us/)
 マウンテン・トライク(Mountain trike)は、車いすのマウンテンバイクを目指して製作された手動車いすで、特徴は、車輪を手で回転させるのではなく、レバーを前後に引くことで車輪を回転させます。急斜面での登り、下りの際の転倒を防止するために補助輪が前後にあります。(http://www.mountaintrike.com/)
 ウルトラ・ロングディタンス・ウィルチェア(Ultra long-distance wheelchair)は、車いすマラソン用の車いすで、空力特性高めるために、非常に細い車体になっており、耐久性を確保しながら重量を軽減するためにカーボン製のフレームを採用しています。また、座席は、ハンモック状になっています。( http://andrewmitchelldesign.co.uk/ultra-long-distance-wheelchair/)
 チェア4ライフ(Chari 4 Life)は、こどもの成長にあわせてサイズを調整していける電動車いすです。標準的なシャシーに付属品を取り付けたような構造をしており、成長すれば、付属品を調節したり、取り替えたりすることで、大人になっても使えます。また、子どもの目線を重視しており、座面の高さを寝そべった位置から、大人の目線の高さまで上下させることができます。(http://www.renfrewgroup.com/innovative-nhs-childrens-chair-4-life-wheelchair-debuts-at-nhs-expo-today/)
 タンクチェア(Tankchair)は、名前の通り、戦車のようなキャタピラをもった電動車いすです。キャタピラはゴム製ですが、草道、雪道、砂道、砂利道、泥道、荒地でも走行可能です。10度の登坂能力があり、多少の残差などものともせずに乗り越えます。野外活動に適した電動車いすです。(http://www.tankchair.com/)
 記事は、下のサイトからご覧ください。(寺島)
http://www.theguardian.com/artanddesign/architecture-design-blog/2014/oct/09/five-new-wheelchair-designs
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
5位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ