[ニュージーランド]手話の普及に1100万ドルの予算を計上

[ニュージーランド]手話の普及に1100万ドルの予算を計上

 2014年8月26日、ヘキア・パラタ(Hekia Parata)文部大臣は、聴覚障害児とその家族、および学校に対して今後4年間に1100万ドルを支出すると述べました。ご存じのように、ニュージーランドでは、手話が公用語の1つとして認められています。ニュージーランドには、0-5歳のろう児が500人、5歳-18歳のろう児が1400人いるとのことですが、この予算は、新しくろう児が見つかった場合にその家族に対する支援者や学校に手話指導員を配置したりすることに使われるとのことです。
 学校の手話指導員は、教室でろう児をサポートすることに加えて、一般の教師に対して手話の指導をし、教師の手話技術の向上を図る役割も担っています。詳しいことは、下のサイトをご覧ください。(寺島)http://www.beehive.govt.nz/release/11m-funding-sign-language
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
5位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ