[米国]労働刷新・機会法案が上院を通過

[米国]労働刷新・機会法案が上院を通過

 6月25日、労働刷新・機会法(Workforce Innovation and Opportunity Act :WIOA)案が95対3の賛成多数で上院を通過しました。
 この法律は、24歳以下の障害者が連邦最低賃金の時給7.25ドル未満で働くことを禁止しています。ただし、例外があり、すでに最低限度額未満の賃金を受けている人と職業リハビリテーションには不適格であると考えられる人は、その対象からはずされます。これでは、現状と変化ないように思われますが、この法案では、職業リハビリテーションに不適格かどうかについて明らかにするために、各州の職業リハビリテーション機関に対して、学校と協力して、すべての障害生徒・学生に雇用前移行サービス(pre-employment transition services)を提供することを求めています。また、障害学生の就業のために連邦からの予算の15%以上を障害学生の就労支援のために使うことももとめています。
 これにより、障害学生は、いろいろな職場でのインターンシップを行うことなどができ、より多くの障害生徒・学生が一般労働市場で統合された就労ができることを目指しているとのことです。
 この法案は、昨年、トム・ハーキン上院議員(アイオワ州・民主党)が提案し、1年をかけて議員間での調整が行われてきましたが、このたび、超党派的な合意がなされたものです。ホワイトハウスも支持を表明しています。
 法案の詳細などは下の米国上院のサイトやハーキン議員のサイトをご覧ください。(寺島)
上院:http://thomas.loc.gov/cgi-bin/bdquery/z?d113:HR00803: 
ハーキン議員:http://www.harkin.senate.gov/press/release.cfm?i=351766

関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
5位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ