[福祉機器]脳に埋め込んだマイクロチップにより手の開閉を可能にする装置

[福祉機器]脳に埋め込んだマイクロチップにより手の開閉を可能にする装置

 オハイオ州大学ウェクスナー医療センター(Ohio State University Wexner Medical Center)は、非営利の研究所のバッテル(Battelle)のエンジニアと共同で、脳に埋め込んだマイクロチップが、脳の信号を読み取り、麻痺した手に信号を伝えることでその手を動かす装置を開発しました。
 水泳事故で四肢麻痺になったイワン・バークハート氏(23)は、この装置により、手を開閉したり、スプーンを拾い上げたりできるようになりました。
 この装置は脳の頭蓋骨内にマイクロチップを埋め込目込まれます。このチップには0.15インチ間隔で96本の電極があり、脳の信号を読み取ります。読み取られた信号は、外部に接続されたコンピューターに送られ、解読処理が行われた後、前腕のまわりに巻かれた電極に伝えられ、手を開閉させます。
 四肢麻痺、脳損傷などの患者への適用が期待されています。
 詳細は下のサイトをご覧ください。ビデオもあります。(寺島)
http://medicalcenter.osu.edu/mediaroom/features/Pages/Neurobridge-Collaboration.aspx
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
7位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ