[英国]障害学生手当を削減

[英国]障害学生手当を削減

 ハフィントンポスト紙英国版によれば、障害学生手当(disabled students' allowance.:DSA)が大幅削減される可能性があるとのことです。
 4月にウィレット(David Willetts)大学担当大臣が発表したところによれば、障害学生手当を近代化するとして、複雑なニーズをもつ一定の学習障害の学生を除き同手当がカットされる可能性があるとのことです。
  障害学生手当は、貸与型の奨学金を補う形で支給されますが、この手当は返済は必要ありません。全日制の大学の場合、最高額は、福祉機器手当として5215ポンド(在学中)、補助者手当として20750ポンド(年間)、基本手当として1741ボンド(年間)となっています。
 この手当は、障害のために余計な費用がかかる場合にそれを補うために支給されます。受給するためには、評価センター(assessment center)でニーズ判定を受ける必要があります。
 ウィレット大臣が語った複雑なニーズに関して明確な定義が何かが明確でないため、障害学生に不安が広がっているとのことです。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。
http://www.huffingtonpost.co.uk/2014/05/23/disabled-student-allowance-cuts-fight-equal-rights_n_5377414.html?utm_hp_ref=uk-students
 なお、ハフィントンポストは日本版(http://www.huffingtonpost.jp/)もあり、1周年を迎えたとのことです。(寺島)
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ