[米国]病気と障害が離婚に与える影響

[米国]病気と障害が離婚に与える影響

 ミシガン大学社会調査研究所(University of Michigan Institute for Social Research)のフェローのアメリア・カラカー博士は、米国人口協会(the annual meeting of the Population Association of America.)の年次会議で、2014年5月1日に「病気と健康?高齢者の離婚の危険因子としての身体の病気(In Sickness and in Health? Physical Illness as a Risk Factor for Marital Dissolution at Older Ages)」という発表をしました。
 彼女は、同研究所が1992から実施している「健康と退職に関する研究(Health and Retirement Study)」における2,717組の結婚に関するデータ20年分を分析しました。調査対象は、最初の面接時にどちらかが50歳以上の夫婦で、4つの重い身体の病気(ガン、心臓疾患、肺疾患、脳卒中)の発症がどのように結婚に影響を及ぼすかについて調べました。
 主な調査結果は、次のとおりでした。
 ・全体としては、研究対象期間に31%が離婚していました。
 ・新しく慢性疾患を発症する割合は時間とともに増加しており、妻よりも夫の方が重篤になるのが多い。
 ・妻が病気になった方が離婚率が高い。
 発表の内容は、同研究所のサイトで見ることができます。(寺島)
 概要:http://paa2014.princeton.edu/abstracts/141914
 全文:http://paa2014.princeton.edu/uploads/141914
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
5位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ