[米国]強い自殺念慮のある成人の半数以上が精神保健サービスを受けていない

[米国]強い自殺念慮のある成人の半数以上が精神保健サービスを受けていない

 物質乱用衛生管理局(Substance Abuse and Mental Health Services Administration:SAMHSA)は2014年4月17日に「強い自殺念慮のある成人の半数以上が精神保健サービスを受けていない(Half of Adults with Serious Thoughts of Suicide Do Not Receive Mental Health Services)」という報告書を公表しました。
 米国では、毎年35000人が自殺により亡くなりますが、強い自殺念慮のある人が自殺を試みる危険が高いことから、このような人たちに適切な時期に精神保健サービスを提供できれば、自殺者を減らわせると考えられています。
 ところが、SAMHSAが2008年から2012年までの「薬物使用と健康に関する全国調査(2008 to 2012 National Surveys on Drug Use and Health :NSDUHs)を調べたところ、その期間中に強い自殺念慮のあった18歳以上の人は860万人でしたが、そのうちの、51.8%は、精神保健サービスを受けていませんでした。しかも、約38.7%の人は、サービスを受けていないどころか必要性も感じていませんでした。
 報告書は下のサイトで読むことがではます。(寺島)
http://www.samhsa.gov/data/spotlight/spot136-suicide-services-2014.pdf
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
5位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ