[福祉機器]鉄道のアクセシビリティ

[福祉機器]鉄道のアクセシビリティ

 ウィーン工科大学鉄道工学研究センター(Vienna University of Technology, Research Center for Railway Engineering)のベルンハルト・リューガー(Bernhard RÜGER)博士が著した「鉄道車両に乗車できるようにするためのプラットホームの機器とサービス(Platform-based devices and services for accessible railway boarding)」という冊子には、鉄道をアクセシブルにするための機器やサービスの紹介とそのあり方について記述しています。54ページの冊子ですが、世界の鉄道の写真が収められていて、外国でどのように鉄道にアクセスしているのかがよくわかる内容になっています。
 ヨーロッパの鉄道は、プラットホームと車両の床の高さがかなりありますので、どのように乗り込むのか疑問に思われていませんでしょうか。ヨーロッパのプラットホームで使われているリフトなどたくさん紹介されています。
 日本のJRの写真もありますが、プラットホームと車両の床の段差があまりない場合のサービスとして車いす用渡し板が紹介されていました。残念ながらホームドアの写真はありませんでした。
 この冊子はhttp://publik.tuwien.ac.at/files/PubDat_202439.pdfからダウンロードできます。福祉機器関係者必見です。(寺島)
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
7位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ