[米国]自殺を報道する場合の留意点

[米国]自殺を報道する場合の留意点

 国立精神保健研究所(National Institute of Mental Health:NIMH)は、自殺を報道する際の留意点についてまとめています。
 米国では年間におよそ38,000人が自殺によって死亡します。その数は殺人で命を落とす人以上です。自殺は悲劇的ですが、本当は公衆衛生の問題です。ところが、マスコミなどでは、自殺をセンセーショナルに取り上げることが多く、それが状況をさらに悪化させることになります。しかし、自殺を正しく報道すれば、逆に人々の意識を変えることができ、弱い人々や危機にある人々を助けることに役立ちます。
 NIMHのサイトには、自殺を報道する際の留意点(Recommendations for Reporting Suicide)というページがあります。そこには、次のような内容が書かれています。
○大きな見出しをつけて扇情的に報道するのではなく、必要最小限の記事にする。例:「○○さんがショットガンを使って自殺」ではなく「○○さんが27歳で亡くなりました。」とする。
○自殺場所、悲しんでいる家族、葬儀の写真やビデオを使うのではなく、学校、職場、家族の写真を使ったり、自殺ホットラインのロゴや電話番号を示す。
○自殺が「流行している」とか「激増している」等の強い用語を使わずに、統計データを示して、「自殺が増加している」とか「自殺率が高くなっている」というような扇情的でない用語を使用する。
 このサイトのURLは、下のとおりです。(寺島)
http://www.nimh.nih.gov/health/topics/suicide-prevention/recommendations-for-reporting-on-suicide.shtml

関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ