[米国]障害者権利条約の批准が山場に

[米国]障害者権利条約の批准が山場に

 以前のブログでも紹介していますように、米国は障害者権利条約を批准していませんが、条約の批准には、上院の承認が必要であることから、障害者団体などが上院議員にさまざまな働きかけをしてきました。しかし、上院(第113議会)での承認はなかなか難しそうです。しかも、事情がかなり込み入っています。
 BloombergView紙によれば、上院で障害者権利条約に反対しているのは共和党議員の一部です。民主党議員55名は、全員賛成していますので、100人の議員定数の2/3の賛成を得るためには、あと12名必要ですが、共和党議員45名のうち6名は賛成していますが、まだ、6名足りません。つまり、共和党は、本件に関して分裂しており、賛成派が少数派ということになります。
 障害者権利条約に賛成しているのは、 John Barrasso(ワイオミング出身:権利条約推進の中心人物、医師)、John McCain(アリゾナ出身:障害者、退役軍人), Kelly Ayotte(ニューハンプシャー出身), Lisa Murkowksi(アラスカ出身), Susan Collins(メイン州出身)、Mark Kirk(イリノイ州出身:脳卒中後遺症による障害者)です。4つの退役軍人の会や、米国商工会議所、コカ・コーラ社やナイキ社などの大企業によって支持されています。
 反対しているのは、Bob Corker上院議員(テネシー州出身)、Rick Santorum元上院議員(ペンシルバニア出身)、ホームスクールの支持者、少数の右派カトリック組織たちですが、その主張は、権利条約を批准することで、国際機関が米国の障害者政策に口出しするようになりそれが国家主権を脅かしたり、権利条約が連邦法や州法にとってかわる危惧を主張します。例えば、安易に中絶がみとめられたり、ホームスクールの制度に異議が唱えられたりということを心配しているとのことです。これらの団体の数は多くありませんが、主張が強力で、共和党議員もなかなか賛成に回る人が増えないとのことです。
 詳しいことは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www.bloombergview.com/articles/2014-02-22/a-republican-schism-engulfs-protections-for-the-disabled
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ