[米国]知的障害のある従業員に2億4000万ドルの損害賠償

[米国]知的障害のある従業員に2億4000万ドルの損害賠償

 2013年5月1日、アイオワ州ダベンポート地方裁判所は、ヘンリー・ターキー・サービスに対し、32人の知的障害のある従業員に長期にわたり虐待を続けたとして、一人当たり懲罰的損害賠償金として200万ドルと補償損害賠償550万ドル支払う評決を下しました。この評決は、2012年9月の判決、すなわち、障害に基づく賃金差別に対して130万ドルを支払うという判決に続くものです。その結果、ヘンリー・ターキー・サービスは、全体で2億4130万ドルを支払うことになりました。
 この企業は、知的障害のある従業員に七面鳥の内臓を抜き取る仕事をさせてきましたが、非常に低賃金で働かせたり、差別的な呼び方をしたり、健康診断を十分受けさせなかったということが問題になり、米国平等雇用機会委員会(EEOC)が調停により解決しようとしましたが、それが不調に終わり、障害者のあるアメリカ人法(ADA)に基づき裁判に訴えたものです。この賠償額は、障害者差別における最高額となりました。詳しいことは、http://www.eeoc.gov/eeoc/newsroom/release/5-1-13b.cfmをご覧ください。(寺島)
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ