[英国]新築住宅のアクセシビリティ規準の強化についてのパブコメ結果を報告

[英国]新築住宅のアクセシビリティ規準の強化についてのパブコメ結果を報告

 2022年7月29日、レベルアップ・住宅・コミュニティー局(Department for Levelling Up, Housing and Communities:DLUHC )は、2020年9月8日に実施された新築住宅に適応されるアクセシビリティ規準の強化についてのパブリックコメントの結果の概要を報告しました。
 DLUHCは、2021年の組織改編以前は、住宅・コミュニティー・地方政府省(Ministry for Housing, Communities and Local Government:MHCLG )と呼ばれており、その時代のパブリックコメントです。
 建築基準では、高齢者及び障害者に適切な住居を提供することを目的に、パートMに、すべての新築住宅の最低アクセス基準を定めています。例えば、次のようなカテゴリーに分け、それぞれに満たすべき基準が定められています。
 カテゴリー1:だれもが訪問できる住居(すべての新築建物の基本的な基準)
 カテゴリー2:アクセシブルに改造していける住居(高齢者になっても住み続けられるアクセシブルな住宅)
 カテゴリー3:車椅子使用者の住居(車椅子でアクセス可能な住宅)
 パブリックコメントでは、これらの基準の強化についての政府から提案し、それぞれについてコメントを求めていました。
 最終的に、413件のコメントがあり、次のような意見が示されました。
〇新築住宅のアクセシビリティ規準の引き上げについての賛成は92%。
〇ガレージの上に新しい建物を建てるなど、実現が難しい場合にのみカテゴリー1は例外的に適用され、すべての新築住宅の最低基準としてカテゴリー2の要件を義務付けるに賛成した人が31%。
〇カテゴリー2の実現のために住居1戸あたり1,400ポンドかかるという推定追加費用について同意した人が20%。
 政府は、これらの結果を受け、アクセシビリティ規準の強化についてさらに協議を続けていくとのことです。
 詳しくは下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.gov.uk/government/consultations/raising-accessibility-standards-for-new-homes/outcome/raising-accessibility-standards-for-new-homes-summary-of-consultation-responses-and-government-response
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
4位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ