[米国]運輸省が公共交通機関のアクセシビリティ等を改善・整備するプロジェクト予算化

[米国]運輸省が公共交通機関のアクセシビリティ等を改善・整備するプロジェクト予算化

 2022年6月16日、米国運輸省(U.S. Department of Transportation:USDOT)は、バイデン大統領による「超党派インフラ法(Bipartisan Infrastructure Law)」による施策の一環として、十分な医療福祉サービスを受けていない人々等が利用する公共交通機関のアクセシビリティを改善するために、「革新的協調アクセス&モビリティ・パイロットプログラム(Innovative Coordinated Access & Mobility (ICAM) Pilot Program)」として、16州17のプロジェクトに約840万ドルを提供することを発表しました。
 「超党派インフラ法(Bipartisan Infrastructure Law)」は、2021年11月15日に成立した総額約1兆2000億ドル(約140兆円)のインフラ投資をすすめる法律で、バイデン政権による重要な立法上の成果と評価されています。正式名称は「投資と仕事法(Infrastructure Investment and Jobs Act)」(Public Law No: 117-58 (11/15/2021))です。
 その内容は、清潔な飲料水の配給のための鉛給水管の除去、高速インターネットの整備、道路や橋の修理、交通手段の改善・整備、電力インフラのアップグレード、汚染除去等が含まれています。
 今回の措置は、交通手段の改善・整備の一環で、選択したプロジェクトには、次のようなものがあります。
・オハイオ州運輸省は、オハイオ州の高齢者、発達障害者等の移動支援を含むサービスを提供するワンストップハブを提供します。
・コロラド州は、高齢者、障害者、低所得者等が公共交通機関を利用しやすくするためのオンラインポータルを開発します。
・バージニア州は、公共交通機関の利用について、ワンコール、ワンクリックで利用できる移動支援、旅行サービスを拡大および強化します。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.transit.dot.gov/about/news/usdot-announces-84-million-grant-awards-help-connect-people-health-care-other-critical
 法律は下のサイトをご覧ください。
https://www.congress.gov/bill/117th-congress/house-bill/3684
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
4位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ