[国交省]公共交通機関の「バリアフリー整備ガイドライン」を改訂

[国交省]公共交通機関の「バリアフリー整備ガイドライン」を改訂

 令和4(2022)年4月1日、国土交通省は、公共交通機関の「バリアフリー整備ガイドライン」を同年3月に改訂したことを発表しました。
 「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(バリアフリー法)では、同法の施行令(政令)、施行規則(省令)において、公共交通事業者、道路管理者、路外駐車場管理者、公園管理者、特別特定建築物の建築主、特定建築物の建築主に対し、円滑化基準への適合義務または努力義務を定めています。
 また、整備のあり方を具体的に示した目安として、各施設についてのいろいろなガイドラインを示しています。
 バリアフリー整備ガイドラインは、「公共交通機関の旅客施設・車両等・役務の提供に関する移動等円滑化整備ガイドライン」のことで、さらに、旅客施設編・車両等編・役務編の3つに分かれています。同ガイドラインは、社会情勢の変化、利用者の新たなニーズ等にあわせ、適宜改訂が行われています。
 今回の改定の内容は、次の通りです。
①令和2年のバリアフリー法の改正における旅客施設・車両等を使用した役務の提供の方法に関する基準の遵守義務の創設や、ユニバーサルデザイン 2020 行動計画等の趣旨を踏まえ、心のバリアフリーや障害の社会モデルに関して事業者等の正しい理解の促進を図るため、「共生社会の新しいモデル」を解説したコラムを本ガイドラインに追記
②特急車両の車椅子用フリースペースについて、鉄道局において障害当事者団体、鉄道事業者等で構成する検討会を設置し、度重なる議論や実証試験も踏まえた検討を行い、令和2年にとりまとめた新幹線におけるものと同水準の車椅子用フリースペースを導入することとして令和4年1月にとりまとめた内容を追記
 詳しくは下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001475413.pdf
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ