[厚労省]改正臓器移植法のガイドライン改正案を公表

[厚労省]改正臓器移植法のガイドライン改正案を公表

 2022年1月21日、厚生労働省は、「臓器の移植に関する法律」の運用に関する指針(ガイドライン)の一部改正(案)を公表しました。
 本ガイドラインは、「臓器の移植に関する法律(平成9年法律第 104 号)」及び「臓器の移植に関する法律施行規則(平成9年厚生省令第 78 号)」の適正な施行のために制定されました。(平成9年健医発第 1329 号厚生省保健医療局長通知)
 平成21年に「臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律(平成 21 年法律第 83 号)」により同法の改正が行われ、本人の意思が不明であっても家族の承諾により臓器提供を可能とすること等が規定されました。
 改正から10年を経過し、厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会において見直を検討し、臓器提供を希望する遺族の意思が尊重されるように、以下のようにガイドラインを改正する案が示されました。
○ 現行のガイドラインにおいて、虐待が行われた疑いがある児童が死亡した場合には、臓器の摘出は行わないとされているところ、18 歳未満の児童の臓器提供における虐待事例を除外する基準を明確化するため、児童虐待防止法に基づく通告を行わない場合は、遺族の書面による承諾により臓器の摘出を行って差し支えないという内容に記載を修正する。
 併せて、福祉事務所又は児童相談所が虐待として介入していないことが確認できた場合には、院内倫理委員会等の確認の下に臓器の摘出を行って差し支えないことを追記する。
○ 15 歳未満の知的障害者等について、知的障害等がない者と同様、生存中に臓器を提供する意思がないことを表示している場合以外の場合であって、遺族が書面により承諾しているときは臓器提供を可能とする
 前者の改正の背景には、18 歳未満の児童の臓器提供における虐待事例の除外について、現在のガイドラインの記載によって現場の消極的な運用を招き、虐待の疑いが完全に否定できないとの懸念により、念のため臓器提供を見合わせる事例が生じていることから適切な記載に改めるべきという意見があること、後者については、15 歳未満の小児における臓器提供について、知的障害等の有無により、取扱いに不整合が生じており是正すべき等の意見があること等があるとのことです。
 この改正の施行予定日は令和4年4月1日とされています。
 同案については、2022年2月21日まで、パブリックコメントにかけられています。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495210375&Mode=0
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
4位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ