[インド]ボンベイ高等裁判所が腐食性物質による火傷を障害認定

[インド]ボンベイ高等裁判所が腐食性物質による火傷を障害認定

 ボンベイ高等裁判所は、沸騰した可燃性の腐食性物質を顔と身体にかけられて負傷した女性に障害者権利法(PWD)法(2016年)の規定に基づいて、障害者が利用できる補償、リハビリテーション措置、無料の医療を受けられるべきとの判断を下しました。
 Kavita Nityanand Shettyさんは、2010年11月24日、寝ている間に、夫から沸騰した可燃性の腐食性物質を顔と体にかけられ、全身の70〜80%に重い火傷を負うとともに、身体一部が変形しました。
 女性はその治療として50万ルピーを支払いましたが、その後の再建手術についてはお金がないために受けられないため、居住するマハラシュトラ州政府の運営するManodhairyaスキームという補償制度に基づく支払いを求めました。しかし、州は財政難を理由にそれを拒否したために裁判になっていたものです。
 2021年10月4日、ボンベイ高等裁判所は、補償制度による支払いは認めませんでしたが、2016年障害者権利法(Rights of Persons with Disabilities (PWD) Act, 2016)に基づき、障害者として、リハビリテーション措置、無料の医療を受けられるべきとの判断を下しました。
 同法には、障害の一覧が示されており、身体障害、視覚障害、聴覚障害などが列記されていますが、身体障害の中「特定の障害」というカテゴリーがあり、その中に「酸による攻撃の被害」が含まれているとのことで、今回の被害者はそれに該当すると判断されました。
 インドでは酸をかけられることがよくあるのかはわかりません。
 判決文は、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://bombayhighcourt.nic.in/generatenewauth.php?bhcpar=cGF0aD0uL3dyaXRlcmVhZGRhdGEvZGF0YS9qdWRnZW1lbnRzLzIwMjEvJmZuYW1lPTIwMDEwMDEzNDI2MjAxN18xNi5wZGYmc21mbGFnPU4mcmp1ZGRhdGU9JnVwbG9hZGR0PTE0LzEwLzIwMjEmc3Bhc3NwaHJhc2U9MDQxMjIxMTUxODEw
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ