[ILO]世界の社会保障レポートを公表

[ILO]世界の社会保障レポートを公表

 2021年9月1日、国際労働機関(International Labor Organization:ILO)は、世界の社会的保護レポート2020-22:岐路に立つ社会的保護-より良い未来の追求(World Social Protection Report 2020-22: Social protection at the crossroads – in pursuit of a better future )を公表しました。
 本書の構成は、次の5章から構成されています。
第1章 岐路に立つ社会的保護:新型コロナウイルス対応と回復の道(Social protection at the crossroads: The COVID-19 response and the road to recovery)
第2章 新型コロナウイルス以前の状況:一定の進展はあったが相当のギャップが残っている(The pre-COVID-19 situation: Some progress made, but significant gaps remain)」
第3章 新型コロナウイルス危機と回復期における社会的保護(Social protection during the COVID-19 crisis and recovery)
第4章 ライフサイクルを通じた全ての人のための社会的保護の強化(Strengthening social protection for all throughout the life course)
第5章 社会的保護の未来を形作る(Shaping the future of social protection)
 本書では、世界人口の53%に当たる41億人は国の社会的保護制度による所得保障を全く受けていないことやその割合に地域格差があり、欧州・中央アジアでは人口の84%であるにもかかわらず、アフリカでは人口の17.4%であるなどの現状を示しています。
 また、障害者関連では、世界全体では、重度障害者の33.5パーセントが金銭給付を受けているとしています(欧州は100%、アフリカは9.3%)。
 筆者が注目したのは、障害関連費用の見積もりについての記述です。高所得国の場合は通常平均世帯収入の30〜50%に相当するとされていますが、中低所得国はより低くなることや障害の種類、支援ニーズ、経済状況によって大きく異なること等の記述です。
 詳しくは下のサイトをご覧ください。
https://www.ilo.org/global/about-the-ilo/newsroom/news/WCMS_817653/lang--en/index.htm
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ