[中国]赤ちゃんポストで障害児が増加

[中国]赤ちゃんポストで障害児が増加

 サウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙2014年2月22日号は、新華社通信の記事を紹介しており、それによれば、1月31日から2月6日までの中国の春節(旧正月)の連休を含む1月31日から2月14日の間に、広州の赤ちゃんポストに預けられた赤ちゃんは、79人であったとのことです。
 広州の赤ちゃんポストは「嬰児安全島」と称しており、1月28日に開設されたそうですが、79人の年齢は1-6歳で、そのほとんどは心身障害児だとのことです。その2/3の子どもには、両親からのお金や、「他に選択肢がない」、「よい治療を受けられるよう望む」という内容のメモが添えられていたそうです。
 中国民事省は、2015年末までに赤ちゃんポストを全国に拡大することを決めています。この制度は、保育器、毛布、エアコンが備えられている赤ちゃんポストに赤ちゃんを置き、アラーム・ボタンを押し、救急隊が来るまでにいなくなれば、だれが置いたかを追及されることもなく、起訴も免れるという制度です。その目的は、心身障害児が心身のダメージをさらに受けないようにし、赤ちゃんの生存率を高めるということだそうです。詳しくは、下のURLをご覧ください。(寺島)
http://www.scmp.com/news/china/article/1429599/critics-say-baby-hatches-encourage-child-abandonment-nearly-80-babies
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
6位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ