[米国]司法省がADA違反の申立に関してメイン州と合意

[米国]司法省がADA違反の申立に関してメイン州と合意

 2012年6月4日、司法省(Department of Justice)によれば、同省は知的障害のある若者による「障害のあるアメリカ人法(Americans with Disabilities Act:ADA)」違反の申し立てに関して、メイン州保健福祉省(Maine Department of Health and Human Services :DHHS) と合意したとのことです。
 メイン州のメディケイドプログラムでは、集合住宅に住む人々に対してはパーソナルアシスタンスサービスを制限なく提供しているにもかかわらず、知的障害者と自閉症者を対象としたメイン州のコミュニティサービスプログラムでは、個人の自宅でパーソナルアシスタンスサービスを受ける場合、サービスが一部制限されています。
 そのために、多くのパーソナルアシスタンスサービスが必要な障害者は、家を出て隔離された環境に移動することを余儀なくされる可能性があり、最も統合された環境で障害者サービスを提供することを求めたADAの趣旨に反するとして司法省に対して苦情が申し立てられました。
 この申し立てにより、司法省は調査を開始し、その結果に基づきこのたび司法省とメイン州保健福祉省が合意し、メイン州は、今後、知的障害者や自閉症者が最も統合された環境で必要なサービスを受けられるように制度を変更します。たとえば、DHHSは、自宅で提供されるサービスの上限に例外を設け、人々が住みたい場所やサービスを受けたい場所の選択肢を評価するための個別のプロセスを確立します。
 また、申立人に対しては、DHHSは必要なすべての在宅サービスを提供し、10万ドルの賠償金を支払います。
 詳しくは下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.justice.gov/opa/pr/justice-department-resolves-ada-complaint-maine-department-health-and-human-services
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
6位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ