[米国]第 11 巡回区控訴裁判所がWebサイトは「公共の場所」ではないという判断

[米国]第 11 巡回区控訴裁判所がWebサイトは「公共の場所」ではないという判断

 近年、米国では、アクセシブルなWeb サイトを提供しないことは、障害のあるアメリカ人法(ADA)に違反しているという訴えが多数起こされています。その内容は、ADAのタイトルⅢは、一般に公開されている場所での障害に基づく差別を禁止し、企業にアクセスの障壁を取り除くことを要求しています。そのため、ホテル、レストラン、店舗、オフィスビル、医療、法律、会計事務所など、ほとんどのビジネスはこの対象になり、スロープの設置や点字のメニューなどを用意することが必要になっています。現在問題になっているのは、WebサイトがADAの「公共の場所」に該当するのかということです。
 この問題に関する裁判は、2016 年 7 月に視覚障害のあるユァン・カルロス・ギル (Juan Carlos Gil)氏が、ウィン・ディキシー食料品チェーン店(Winn-Dixie grocery store)を訴えたことが最初です。スクリーンリーダー(視覚障害者が用いている画面読み取りソフトウェア)で同店のウェブサイトが読めなかったことから、処方箋を補充したり、オンラインクーポンをストアカードにリンクしたりすることができなかったとのことで、これはADA違反であると主張しました。
 地区裁判所は、食料品店チェーンはADAタイトルⅢに違反していると判断し、Web サイトを Web コンテンツ アクセシビリティ ガイドライン (「WCAG」) 2.0 レベル AA に準拠させることが求めました。
 この判決の結果、その後、全米で何千件もの同様の訴えが起こり、同様の判決が出されました。また、訴訟を防ぐために、多くの企業が WCAG 標準に準拠するように Web サイトを改良しました。
 その後ウィン・ディキシー食料品チェーンは上訴し、数年の審議を経て第 11 巡回区控訴裁判所が判断を下したものです。
 2021年4月7日、第 11 巡回区裁判所は、ADA のタイトル III には Web サイトを対象とする法律言語がないため、Web サイトは公共施設ではないと判断しました。すなわち、裁判所は、厳格な原文主義アプローチを適用すべきであるというものです。
 この判断が他の巡回区控訴裁判所の判断に影響するかどうかは分かりませんが、今後行われる判断が注目されます。
 正確には、下の判決文のサイトをご覧ください。(寺島)
https://media.ca11.uscourts.gov/opinions/pub/files/201713467.pdf
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
7位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ