[文化庁]著作権法のデジタル・ネットワーク化についての中間まとめ

[文化庁]著作権法のデジタル・ネットワーク化についての中間まとめ

 令和2年12月4日、文化審議会著作権分科会法制度小委員会は、「図書館関係の権利制限規定の見直し(デジタル・ネットワーク対応)に関する中間まとめ」を公表しました。
 著作権法第31条に規定する図書館関係の権利制限規定については、従来から、デジタル化・ネットワーク化に対応できていない部分があるとの指摘がされていましたが、今般の新型コロナウイルス感染症の流行に伴う図書館の休館等により、インターネットを通じた図書館資料へのアクセスなどについてのニーズが顕在化したとして、「知的財産推進計画2020(令和2年5月27日知的財産戦略本部決定)」において、図書館関係の権利制限規定をデジタル化・ネットワーク化に対応したものとすることが短期的に結論を得るべき課題として明記されました。
 そこで、本委員会は、①入手困難資料へのアクセスの容易化(法第31条第3項関係)、②図書館資料の送信サービスの実施(法第31条第1項第1号関係)という2つの課題について、幅広い関係者(図書館等関係者、研究者(図書館等の利用者)、権利者)からのヒアリングを行った上で、集中的に議論を進めてきました。
 検討結果によれば、
①入手困難資料へのアクセスの容易化については、権利者の利益を不当に害しないことを前提に、国立国会図書館が、一定の条件の下で、絶版等資料のデータを利用者に直接インターネット送信することを可能とする。
②図書館資料の送信サービスの実施については、権利者の利益保護の観点から厳格な要件を設定すること及び補償金請求権
を付与することを前提とした上で、図書館資料のコピーを利用者にFAXやメール等で送信することを可能とするとされました。
 同まとめは、2020年12月4日から2020年12月21日までパブリックコメントにかけられました。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/92686401.html

関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
7位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ