[マカオ]重度知的障害者等に対する介護手当支給試行事業を開始

[マカオ]重度知的障害者等に対する介護手当支給試行事業を開始

 マカオニュース2020年11月6日版によれば、2020年11月5日、社会福祉局(IAS)は、介護者による介護を受けている在宅居住者に対し、2020年12月から1年間月額2,175パタカの補助金を支払う試行事業を開始することを発表しました。この補助金額は、政府の定める1世帯の最低生活費の半分であるとのことです。
 対象となるのは、永住者で、重度の知的障害のある人や寝たきりの人です。介護者が世話をしないで補助金を受け取ることを防止するために、介護者ではなく、本人に補助金を支払うようにしたとのことです。また、介護者がきちんと世話をしているかを確認するためにIAS職員は補助金を受け取っている人の家を予告なしに訪問するとのことです。
 2020年11月9日から申請を受け付け、ISAが認定した場合に補助金の対象となります。
 また、介護者に関しては、16歳以上の永住者と非永住者が対象となります。介護者は、被介護者と一緒に暮らす必要があり、適切な支援を提供できることを証明しなければならない。介護者は、被介護者の配偶者、親、兄弟、姉妹、息子、娘、継父、継母、継子、継娘でなければならないとのことです。さらに、資力調査もあるとのことです。
す。
 マカオでは、IASが障害者認定登録カードを発行しており、視覚、聴覚、言語、身体、知的、精神の6種類の障害種別があり、それぞれ、軽度、中度、重度、最重度の4つのレベルがあるとのことです。
 マカオには、現在約540人の重度・最重度の知的障害者がいるとのことですが、その半数は社会福祉施設に住んでいるため、制度の対象とならないだろうとのことです。また、寝たきりの人の数は予測できないとのことです。
 記事は下のサイトをご覧ください。
https://macaonews.org/government-to-launch-caregiver-subsidy-pilot-scheme-next-month/
 政府のサイトは下にあります。
https://www.gov.mo/en/news/129439/
 
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ