[米国]司法省がHIV差別について製薬会社と和解

[米国]司法省がHIV差別について製薬会社と和解

 2014年2月4日、司法省は、HIV差別による障害のあるアメリカ人法(ADA)違反の疑惑のあったミシガン・ライト・エイド(Rite Aid of Michigan)と和解したと発表しました。
 この事件は、HIV患者がインフルエンザの予防接種を受けるためにライト・エイド社の店を訪問したとき、薬剤師が、実際は、手術用の手袋はその店にあったにも関わらず、「特別な手袋が必要なので、注文しますので、それが届いてからもう一度来てください」と答えて、注射を断ったとのことです。
 これに対して、司法省は、ADAで違反であるとして、この製薬会社を訴えていたのですが、それについてこのたび和解が成立したというものです。
 和解条件として、ライト・エイド社には、損害賠償として顧客に10,000ドル、懲罰的損害賠償として5,000ドルを支払い、さらに、従業員に対してADAが求めているものと障害者差別禁止の方針について教育することが課せられました。くわしいことは、次の司法省のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www.justice.gov/opa/pr/2014/February/14-crt-119.html
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
7位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ