【社会参加SDGs】障害者週間セミナー(子ども向けDAISY図書) 12月5日(土) 銀座マリオン

【社会参加SDGs】障害者週間セミナー(子ども向けDAISY図書) 12月5日(土) 銀座マリオン

令和2年度「障害者週間連続セミナー」
マルチメディアデイジー図書の活用による読みの困難を持つ子どもへの有効な支援の実例と今後について
-国連、持続可能な開発目標(SDGs)の誰も取り残されない社会の実現に向けて-

日時:令和2年12月5日(土)12:00-13:30
場所:銀座マリオン(東京都千代田区有楽町2丁目-5-1)
主催:公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会

事務局:soumu@dinf.ne.jp
締め切り:11月27日(金)
情報保障:手話・要約筆記有り
定員:50名

【趣旨】
当協会では、2008年から小中学校の学習障害などで読みの困難がある児童生徒向けにデジタル教科書(マルチメディアデイジー教科書)を製作・提供し、昨年度の利用者は約1万2千人であった。また、教科書で推薦されている副読本についても、同様にマルチメディアデイジー版の読み物を製作・提供し、有効な読みの支援策の一つとして全国規模で広がっている。

そこで、本セミナーでは、国連、持続可能な開発目標(SDGs)の誰も取り残されない社会の実現に向けて、特に読みの困難を持つ子どもに焦点を当て、マルチメディアデイジー図書の教科指導における有効活用事例や個別のニーズへの対応の必要性とその効果および、教科書以外の児童書の提供の重要性について専門家から話題提供いただく。
更に、パネルディスカッションにて今後の有効な支援についての提言も含めて、意見交換を行う。

プログラム
挨拶 君島淳二(日本障害者リハビリテーション協会 常務理事)  

デイジー子どもゆめ文庫のシステム開発とトライアウト(デモを中心に)
西澤 達夫(日本障害者リハビリテーション協会 参与)

発達障害児への支援・取り組みについて
日詰正文(独立行政法人 国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」事業企画局 研究部部長)

デイジー版の読み物の必要性と今後の新たな活用方法の提案
鈴木 昌和(九州大学 名誉教授・特定非営利活動法人サイエンス・アクセシビリティ・ネット 代表理事) 

デイジー教科書の教科指導における有効活用事例報告
金森 裕治(大阪教育大学 非常勤講師)

パネルディスカッション
「デジタル図書(マルチメディアDAISY図書)を通じた読みの困難を持つ子どもへの支援と今後の課題」  
モデレーター:寺島 彰(日本障害者リハビリテーション協会 参与) 
司会:村上 博行(日本障害者リハビリテーション協会 課長)

詳細リンク先:https://kokucheese.com/event/index/601923/
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
8位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ