[総務省]災害時の放送の確保に関する検討分科会報告書

[総務省]災害時の放送の確保に関する検討分科会報告書

 2020年7月31日、総務省は、「災害時の放送の確保に関する検討分科会」(座長:多賀谷 一照 千葉大学名誉教授)」がとりまとめた「放送を巡る諸課題に関する検討会 災害時の放送の確保に関する検討分科会報告書」を公表しました。同報告書は、同検討分科会がまとめた報告書案を令和2年6月3日(水)から同年7月2日(木)までの間パブリックコメントにかけた結果を踏まえて作成されたものだとのことです。
 同報告書は、104ページのボリュームがあり、本文22ページ、残りは参考資料になっています。
 本文の目次は、次のようになっています。
 第1章 検討の背景・課題
  1 災害時における放送の役割
  2 放送設備の災害対策に関する制度
  3 近時の災害による放送への影響
  4 情報難民への対応
   (1)高齢者
   (2)外国人
   (3)条件不利地域
第2章 これまでの取組について
  1 総務省の取組
   (1)ケーブルテレビ関係
   (2)地上放送関係
  2 放送事業者の取組
   (1)ケーブルテレビ事業者
   (2)地上放送事業者
   (3)ケーブルテレビ事業者と地上放送事業者の連携
第3章 今後取り組むべき事項
  1 放送インフラの耐災害性強化
  2 地域における関係者間の連携強化
  3 情報難民の解消に向けた取組
   (1)高齢者への情報提供
   (2)外国人等への情報提供
   (3)条件不利地域への情報提供
  4 小括
第4章 まとめ
 障害者関しては、「第3章3情報難民への対応(1)高齢者への情報提供」において、「自動起動ラジオの普及促進が重要であり、例えば高齢者や障害者等の早期避難にも役立てることが期待される」という記述と、同じく「(2)外国人等への情報提供」において、「災害時には、高齢者や外国人に限らず、障害者や子供も、必要な情報を確実に得られるようにすることが重要である。このためには、無用に難解な表現を使うことは避け、平易かつ簡潔な表現により必要な情報を伝達することが期待される。」という記述がありました。
 なお、参考資料には各事業者の取り組みが紹介されています。
 また、意見募集の結果も公表されています。
 詳しくは下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu12_04000188.html
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
6位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ