[国交省]ユニバーサル社会におけるMaaSの活用方策についての研究会を開催

[国交省]ユニバーサル社会におけるMaaSの活用方策についての研究会を開催

 2020年7月22日、国土交通省は、第1回「ユニバーサル社会におけるMaaSの活用方策についての研究会」を開催しました。
 MaaS(Mobility as a Service)とは、スマートホン等のICTを活用し、バスや電車、タクシー、飛行機などの交通機関を合目的的に、効率よく、簡便かつシームレスに使いこなそうとする取り組みです。例えば、ある場所に安く(あるいは早く)行きたいと思ったとき、どのような交通機関を使ってどのようなルートで行くことが、最も安上がり(早い)かを検索し、そのルートのチケットの予約、料金の支払いなどの一連の手続き、移動に必要な情報等の獲得をスマートホンのアプリを使って自ら行うというようなことを意味しています。
 一人一人の移動プランの作成とそれに伴う手続きや情報を一元処理・提供するサービスというイメージで、交通という資源の無駄使いを減らし、個人のニーズに合った移動を選択できることから、新しいビジネスとしても期待されています。
 同研究会は、MaaSは、障害者等の移動が困難な者におけるニーズにも対応することが望ましく、こうした公共性の高い MaaS を普及させる必要があると考え、障害者等へ提供される MaaS のあり方に関する所要項目について検討を行い、活用方策及び活用に当たっての課題等を整理するとしています。
 同研究会の委員は、秋山哲男(中央大学研究開発機構教授(座長))、谷口綾子(筑波大学大学院システム情報工学研究科教授)、中村文彦(横浜国立大学教授)、牧村和彦(計量計画研究所理事)で、オブザーバーとして、交通事業者、障害者団体、交通関連団体、国土交通省関連課室か参加しています。
 確かに、視覚障害者や車いす使用者にとって移動ニーズは高く、どのようなルートをとれば安全か、物理的バリアがないか、どのような移動の手がかりがあるかというような情報は重要です。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
 https://www.mlit.go.jp/report/press/sogo12_hh_000189.html



関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
5位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ