[米国]ミネソタ大学等がCOVID-19時の直接支援員の全国調査結果を公表

[米国]ミネソタ大学等がCOVID-19時の直接支援員の全国調査結果を公表

 2020年7月1日、ミネソタ大学の地域統合研究所(Institute on Community Integration )とぜんこく直接支援専門家同盟(National Alliance of Direct Support Professionals)は、COVID-19発生に伴う知的・発達障害者に対する直接支援労働者(Direct Support Workforce)の待遇等に関する全国調査結果を公表しました。調査名は、「直接支援労働者とCOVID-19全国調査(Direct Support Workforce and COVID-19 National Survey 2020)」です。ここで直接支援労働者(Direct Support Workforce)とは、家庭医療助手(home health aides)、パーソナルケアアシスタント( personal care assistants)、認定看護助手(certified nurse assistants)等と呼ばれている人たちです。
 米国では、直接支援労働者不足は深刻で、定員不足率は、常勤者で15%近く、パートタイムで18%となっており(National Core Indicators、2019)、知的・発達障害者が十分にサポートを受けられないことや、直接支援労働者の残業の多さと低賃金等が問題になっています。
 調査は、2020年4月23日から5月27日まで、米国の全ての州のほぼ9,000人の直接支援労働者を対象に実施しました。が調査を完了しました。回答者の60%近くが36か月以上雇用されており、18%は1年未満で雇用されていました。また、60%強が施設で働いており、39%が個人または家庭で働いており、17%がデイサービスや職業サービスで働いていました。
 調査結果によれば、24%がCOVID-19時に追加手当を受給していました。また、週あたりの追加労働時間は1-15時間が29%、16-30時間が10%、31時間以上が15%となっていました。
 また、安全対策としては、手袋を着用する84%、一般のマスクを使用する53%、医療用マスクを使用する46%、等となっていました。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://publications.ici.umn.edu/community-living/covid19-survey/covid-19-survey-initial-results
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
4位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ