[米国]鉄道車両に関するアクセシビリティガイドライン改訂に伴うパブリックコメント

[米国]鉄道車両に関するアクセシビリティガイドライン改訂に伴うパブリックコメント

 2020年2月14日、米国アクセス委員会(United States Access Board)の「建築および輸送障壁コンプライアンス委員会(Architectural and Transportation Barriers Compliance Board:ATBCB)」は、鉄道車両アクセス諮問委員会(Rail Vehicles Access Advisory Committee:RVAAC)が提出したアクセシビリティガイドライン改訂のためのレポート(RVAACレポート)に含まれる推奨事項の内容についてパブリックコメントを募集しています。
 「障害を持つアメリカ人法(ADA)」に基づき(42 USC.12204)、ATBCBは「建築および設備アクセシビリティガイドライン(American with Disabilities Act (ADA) Accessibility Guidelines for Buildings and Facilities:ADAAG)」を作成しており、これに基づき、運輸省(Department of Transportation:DOT)等は、法的強制力のあるアクセシビリティ基準を作成します。
 RVAACレポートは、2015年7月に、ATBCBに最終報告書を提出していましたが、これにもとづき、今後アクセシビリティガイドラインを改訂する予定であるとのことで、同レポートに記された推奨事項の内容についてのパブリックコメントを求めています。
 レポートは、技術的内容が中心で、例えば、車両に聴覚障害者も理解できるような文字表示装置をつけることや視覚障害者向けの音声出力装置をつけることを推奨していますが、これに対して、そのような装置が市販されているのか、緊急時にも使えるのか、追加費用が経営にどの程度影響するのか、などについてコメントを求めています。車イス用スロープの設置や座席スペースなどについても課題になっています。
 なお、米国アクセス委員会は、1973年に設立された米国政府の独立機関で、障害者のアクセシビリティを専門に取り扱います。
 パブリックコメントの締め切りは2020年5月14日です。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。
https://www.access-board.gov/guidelines-and-standards/transportation/vehicles/update-of-the-guidelines-for-transportation-vehicles/advance-notice-of-proposed-rulemaking
 また、RVAACレポートは、下にあります。(寺島)
https://www.access-board.gov/guidelines-and-standards/transportation/vehicles/rail-vehicles-access-advisory-committee.
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ