リハ協ブログ 2021年02月

[日本]コロナ禍における聴覚障害者の生活実態調査

 令和3(2021)年2月2日、一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティは、「コロナ禍における聴覚障害者の生活実態調査」を公表しました。
 同団体は、これまで、コロナ禍による視聴覚障害者の生活環境などの変化についてアンケートを実施し、広く社会に発信してきたとのことで、今回は3回目の調査になります。
 調査は、2021年1月21日(木)~1月25日(月)まで、インターネット調査(WEB googleフォームにて回答)により実施され、回答者数は111名、回答者属性は、会社員105名、学生(大学院生含む)6名、10代1名、20代18名、30代14名、40代46名、50代23名、60代7名、70代以上2名とのことです。
 調査結果によれば、「仕事や学習環境の変化への不便・不安」については、「不便・不安がある」と回答した人は6割、「オンラインでのコミュニケーションへの不便・不安」については、「不便」と回答した人が7割以上でした。一方、「オンラインでのコミュニケーションへのヒント・可能性」について、「オンライン化によりメリットがあった」と回答した人が7割近くありました。具体的には「資料共有されるようになった」、「チャットなどの文字情報の工夫が増えた」などが挙げられていました。
 詳しいことは下のサイトをご覧ください。(寺島)
 https://djs.dialogue.or.jp/news/20210202news/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[英国]生活道路拡大による障害者への影響調査

 2021年1月22日、障害者や高齢者の自由かつ独立したな移動を支援する障害者のチャリティー団体である「Transport for All」は、「Pave The Way(道をひらく)」というレポートを発行しました。
 このレポートは、ロンドン市が進めている「交通量の少ない地域(Low Traffic Neighbourhoods:LTNs)」という政策が障害者の移動に与えた影響を調査したものです。LTNsは、住民以外の車が生活道路を抜け道に使用しないようにすることで(通ると写真を自動で撮られて罰金を取られる)、生活道路を歩きやすく、また、自転車で走りやすくするようにするもので、1970年代からすでにロンドンで始められましたが、2020年春にはさらに多くの地域に導入されました。現在は、パンデミックにおける密を避けるためにウォーキングやサイクリングによる移動として「活動的な移動(Active Travel)」を進めるために「ロンドンのストリートスペース(Streetspace for London’s)」という一時的な対策の一環として実施されています。
 レポートは、パンデミック以降にLTNsが増えたことによりどのような変化があったのかを障害者85人に対してインタビューした結果をまとめています。例えば、次のような内容を含んでいます。
[肯定面]
 ・交通の危険性減少
 ・独立性の向上
 ・移動が簡単または快適になった
 ・身体の健康の良い
 ・精神の健康に良い
[否定面]
 ・移動時間が長くなった
 ・より疲れる
 ・障害を悪化させる
 ・費用がかかる
 ・ヘルパー等訪問者の移動時間が長くなった
 ・移動がより複雑または困難になった
 ・交通の危険性の増加
 ・精神の健康への悪影響
 ・選択肢がなくなった
 詳しいことは下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.transportforall.org.uk/campaigns-and-research/pave-the-way/#

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
| HOME |

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
7位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ