リハ協ブログ お知らせ

【RI/ICTA・サビ児管】第7回「リハ協カフェ」8月20日(金)13:30

日時:2021年8月20日(金)13:30~15:15
会場:リモート開催(Zoom)
主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
参加費:無料
定員:100名
趣旨
国際リハビリテーション協会(Rehabilitation International:RI)は、1922年に設立された世界的な民間組織で、世界100カ国以上の障害者団体、障害者サービス提供団体、政府組織、障害関係研究者、支援者などが加盟しています。当協会は日本の窓口です。現在は、新型コロナウイルの影響で海外からの訪問、RI世界会議の延長等のため海外関連の報告会の実施は難しい状況にあります。そのため、「リハ協カフェ」として、リモートによる報告会を開催することにより、本協会の情報発信を継続し、関係者への情報提供を行うことを企画し昨年8月より隔月で開催してまいりました。1年を経過し、今回は第7回目の開催です。
第7回は、河村 宏氏(特定非営利活動法人 支援技術開発機構 副理事長・RI技術・アクセス国際委員会(ICTA)グローバル委員長)より「RI/ICTAのグローバルな仕事:ISAからSDGsまで」、高木 憲司氏(和洋女子大学 家政学部 家政福祉学科 准教授)より「サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者(サビ児管)に求められていること」(仮)についてご報告いただきます。
関係者以外にも広くご参加を募ります。皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム(敬称略)
13:30-13:35 開会挨拶
君島淳二(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 常務理事)
13:35-14:15 報告1「RI/ICTAのグローバルな仕事:ISAからSDGsまで」
発表者:河村 宏氏(特定非営利活動法人 支援技術開発機構 副理事長・RI技術・アクセス国際委員会(ICTA)グローバル委員長)
14:15-14:25 質疑応答
14:25-15:05 報告2「サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者(サビ児管)に求められていること」(仮)
発表者: 高木 憲司氏(和洋女子大学 家政学部 家政福祉学科 准教授)
15:05-15:15 質疑応答
15:15    閉会
*プログラムの内容に変更がある場合がございます。ご了承ください。

【発表者プロフィール】
・河村 宏 氏(特定非営利活動法人 支援技術開発機構 副理事長・RI技術・アクセス国際委員会(ICTA)グローバル委員長)
1969年東京大学理学部卒。
1970-1997年 東京大学総合図書館に勤務。
1996-1997年 国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所併任
1997-2003年 日本障害者リハビリテーション協会
2003-2007年 国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所
2007年- 現職 
東京大学総合図書館在職中に国際図書館連盟盲人図書館セクション議長(1990-95年)を務め、デジタル録音図書の国際標準規格としてのDAISYの開発を提唱し国際DAISYコンソーシアムの結成に暫定プロジェクトマネージャーとして参画。
以後DAISYの開発とグローバルな普及に努め、DAISYコンソーシアム会長(2008-2011)、WAI/W3C委員、JICA人間開発部支援委員、障害者放送協議会著作権委員会委員長、国連世界情報社会サミット障害者コーカス・フォーカルポイント(2003-2005)、第3回国連防災会議障害者グループ・フォーカルポイント(2015)などを務め、2016年からRI/ICTAグローバル議長。
現在、JICAのエジプトおよびエクアドルのプロジェクトでChief Advisorを務める。

・髙木 憲司 氏(和洋女子大学 家政学部 家政福祉学科 准教授)
理学療法士/社会福祉士
●略歴
1964年生まれ。
1987年~国立療養所福岡東病院付属リハビリ
テーション学院理学療法学科卒業。同年国立別府重度障害者センター入職。
2005年~厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課社会参加推進室福祉用具専門官。2010年~同障害福祉課障害福祉専門官。2013年~同障害福祉課課長補佐(併任)。
2014年より和洋女子大学准教授、現在に至る。
●各種委員
日本理学療法士協会、日本社会福祉学会、
日本リハビリテーション連携科学学会
日本福祉のまちづくり学会 会員
 浦安市自立支援協議会会長、市川市自立支援協議会副会長
●専門
 障害福祉、福祉用具

【申込方法】
 以下のサイト、またはFAXにてお申し込みください。
https://kokucheese.com/event/index/611047/
 申込受付:8月19日(木)15:00まで
※情報保障が必要な方は、8月13日(金)までにお申し込みください。
定員満員になり次第、締め切りとなりますので、ご了承ください。
お名前、ご所属、ご住所を明記の上、手話通訳、要約筆記、点字資料など必要があれば申し込み時にお知らせください。
参加登録された方へZoomのURLをお送りいたします。
※ご提供いただいた個人情報は、日本障害者リハビリテーション協会の個人情報保護方針に従い、厳重に管理いたします。また、この情報に基づき、このシンポジウム、講習会等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他当協会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。ご案内を希望されない場合はその旨お知らせください。

【お申し込み、お問い合わせ先】
 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 国際課 仁尾(にお)・村上
 〒160-0052東京都新宿区戸山1丁目22番1号
 TEL: 03-5273-0601   FAX: 03-5273-1523   Eメール:kokusai@dinf.ne.jp

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[総務省]「ポストコロナ」時代におけるデジタル活用に関する懇談会報告書の公表

 2021年6月29日、総務省は、「ポストコロナ」時代におけるデジタル活用に関する懇談会報告書を公表しました。
 同懇談会は、 「ポストコロナ」の時代におけるデジタル活用に関し、新たな日常の確立と経済再生・地域活性化の実現の観点から、中長期的な展望を視野に入れつつ検討を行うことを目的としており、令和2年10月23日に設置され、4回にわたり検討されてきました。また、同懇談会には「ポストコロナ」時代におけるデジタル活用に関する懇談会ワーキンググループとその下に「ポストコロナ」時代におけるテレワークの在り方検討タスクフォースが設置されて検討が行われてきました。
 同報告書の目次は次のようになっており、第2章では、障害者のデジタル・デバイドの解消が取り上げられています。
はじめに
第1章 検討の背景と現状
 1.1 新型コロナウイルス感染症拡大の影響による社会の変化とデジタル活用
 1.2 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を踏まえたデジタル政策の方向性
第2章 今後講ずべき取組
 2.1 国民へのデジタル活用浸透に向けた支援強化
 2.2 企業・行政等のデジタル変革の推進
 2.3 安心・安全で信頼できるサイバー空間の確保
 2.4 高度かつ強靱な情報通信環境の構築
 2.5 最先端デジタル技術への戦略的投資の推進とグローバル連携の強化
おわりに
詳しくは下のサイトをご覧ください。
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/post-corona_digital/index.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[文化庁]著作権法の一部を改正する法律が成立

 令和3(20201)年5月26日、「著作権法の一部を改正する法律案」が参議院本会議において採決され、全会一致で可決成立しました。
 今回の法改正は、①図書館関係の権利制限規定の見直しと、②放送番組のインターネット同時配信等に係る権利処理の円滑化の2つを内容としています。改正の概要は下のとおりです。
1.図書館関係の権利制限規定の見直し
①国立国会図書館による絶版等資料のインターネット送信
 国立国会図書館が、絶版等資料のデータを、図書館等だけでなく、直接利用者に対しても送信できるようにする。
 これまでは、国立国会図書館からのデータは、各図書館に行って閲覧しなければなりませんでしたが、絶版その他これに準ずる理由により入手困難な資料は、利用者が直接受け取れるようになります。
②各図書館等による図書館資料のメール送信等
 図書館が、現行の複写サービスに加え、正規の電子出版等の市場を阻害しないこと(権利者の利益を不当に害しないこと)、データの流出防止措置を講じることなど一定の条件の下、調査研究目的で、著作物の一部分をメールなどで送信できるようにする。その際、図書館等の設置者が権利者に補償金を支払うことを求める。
2.放送番組のインターネツト同時配信等に係る権利処理の円滑化
 同時配信等について、放送と同様の円滑な権利処理を実現する。同時配信等には、同時配信のほか、追っかけ配信、一定期間の見逃し配信が含まれます。
〈措置の内容〉
①放送では、許諾なく著作物等を利用できることを定める「権利制限規定」(例:学校教育番組の放送)を、同時配信等に拡充する。
②放送番組での利用を認める契約の際、権利者が別段の意思表示をしていなければ、放送だけでなく、同時配信等での利用も許諾したと推定する「許諾推定規定」を創設する。
③集中管理等が行われておらず許諾を得るのが困難な「レコード(音源)・レコード実演(音源に収録された歌唱・演奏)」について、同時配信等における利用を円滑化する。
 ⇒事前許諾を不要としつつ、放送事業者が権利者に報酬を支払うことを求める。
④集中管理等が行われておらず許諾を得るのが困難な「映像実演(俳優の演技など)」について、過去の放送番組の同時配信等における利用を円滑化する。
 ⇒事前許諾を不要としつつ、放送事業者が権利者に報酬を支払うことを求める。
⑤放送に当たって権利者との協議が整わない場合に「文化庁の裁定を受けて著作物等を利用できる制度」を、同時配信等に拡充する。
 施行日は、1.①は公布日から1年を超えない範囲内で政令で定める日、1.②は、公布日から2年を超えない範囲内で政令で定める日、2.①~⑤は、令和4年1月1日となっています。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
 https://www.mext.go.jp/b_menu/activity/detail/2021/20210526.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[文科省]「視覚障害のある児童・生徒に対するデジタル教科書等の教育効果に関する調査・分析」を公表

 文部科学省は、令和3年4月26日に開催された「デジタル教科書の今後の在り方等に関する検討会議(第10回)」において、令和2年度に実施した「視覚障害のある児童・生徒に対するデジタル教科書等の教育効果に関する研究についての調査・分析」を公表しました。
 同調査は、総務省行政評価局が実施している政策効果の把握・分析手法の実証的共同研究において、令和2年度に文部科学省が実施したものです。
 調査の目的は、視覚障害のある児童・生徒に対し、デジタル教科書等を用いた授業や家庭学習を行った場合、従来の紙の拡大教科書を使用する授業や家庭学習と比較して、授業や家庭学習が支障なく実施できるか等を検証することにより、視覚障害のある児童・生徒の学習環境の保障の観点から、より適切な方法による教科書の提供に関する示唆を得ることとしています。
 調査は、ウェブによるアンケート調査、学校訪問又はオンラインによるヒアリング調査、学校訪問又はオンラインによる実験により構成されています。
 アンケート調査は、小学校、中学校及び特別支援学校で、紙の拡大教科書の利用申請を行っている児童・生徒と指導を主に担当する教員1,123人からの回答を得ています。
 また、学校訪問又はオンラインによるヒアリング調査では、実際に紙の拡大教科書とデジタル教科書等を使用した児童・生徒及びその担当教員8校17名に対して調査を実施しています。  学校訪問又はオンラインによる実験では、は15名の児童・生徒に対して、 書き込み課題、音読課題、検索課題を実施しました。
 分析によると、デジタル教科書等は、紙の拡大教科書と同等程度の作業効率があり、デジタル教科書等のメリットについては多数の指摘があり、デメリットの指摘は限定的であることから、視覚障害のある児童・生徒における教科書内容へのアクセスの観点で、デジタル教科書等は紙の拡大教科書と同等以上に有効と考えられる等とされています。
 詳しくは、したのサイトをご覧ください。
 https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/157/giji_list/mext_00726.html
 また、報告書全体は、下のサイトにあります。(寺島)
 https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/seisaku_ebpm.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【交通バリアフリー 障害統計】第5回「リハ協カフェ」4月27日(火)13:30 現在・過去・未来の可能性他

第5回「リハ協カフェ」

日時:2021年4月27日(火)13:30~15:15
会場:リモート開催(Zoom)
主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
参加費:無料
定員:100名
申込先:https://kokucheese.com/event/index/609853/

趣旨

国際リハビリテーション協会(Rehabilitation International:RI)は、1922年に設立された世界的な民間組織で、世界100カ国以上の障害者団体、障害者サービス提供団体、政府組織、障害関係研究者、支援者などが加盟しています。当協会は日本の窓口です。
当協会では、国際協力分野において障害分野の課題に取り組むべく、2019年にはRIアジア太平洋地域会議(マカオ)の報告会の他、海外からの訪問者(バングラデシュ等)を実施したところです。
しかしながら、現在は新型コロナウイルの影響で海外からの訪問、RI世界会議の延長等のため海外関連の報告会の実施は難しい状況にあります。
そのため、「リハ協カフェ」として、リモートによる報告会を開催することにより、本協会の情報発信を継続し、関係者への情報提供を行うことを企画し2020年8月より隔月で開催してまいりました。今回は第5回目の開催です。関係者以外にも広くご参加を募ります。
プログラム(敬称略)

13:30-13:35 開会挨拶
        君島淳二(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 常務理事)
13:35-14:15 報告1「障害者統計の動向」(仮)
         発表者:北村 弥生 先生(長野保健医療大学 特任教授(令和3年4月1日より))
14:15-14:25 質疑応答
14:25-15:05 報告2
         「交通バリアフリーの現在・過去・未来の可能性と課題について考える」
         発表者:土橋 喜人先生(宇都宮大学地域デザイン科学部 都市計画研究室 客員教授)

15:05-15:15 質疑応答
15:15     閉会
15:15-15:30 交流会
*プログラムの内容に変更がある場合がございます。ご了承ください。

4月26日(月)15:00までにお申し込みください。
※情報保障が必要な方は、4月20日(火)までにお申し込みください。
定員満員になり次第、締め切りとなりますので、ご了承ください。
お名前、ご所属、ご住所を明記の上、手話通訳、要約筆記、点字資料など必要があれば
申し込み時にお知らせください。参加登録された方へZoomのURLをお送りいたします。

※ご提供いただいた個人情報は、日本障害者リハビリテーション協会の個人情報保護方針に従い、厳重に管理いたします。また、この情報に基づき、このシンポジウム、講習会等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他当協会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。ご案内を希望されない場合はその旨お知らせください。

【お問い合わせ先】
 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 国際課 仁尾(にお)・村上
 〒160-0052東京都新宿区戸山1丁目22番1号
 TEL: 03-5273-0601   FAX: 03-5273-1523

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[国交省]「共生社会におけるトイレの環境整備に関する調査研究」報告書を公表

 国土交通省は、令和2(2020)年10月9日に、「共生社会におけるトイレの環境整備に関する調査研究検討会」を開催し、2回の検討会を経て、令和3年3月12日に、「共生社会におけるトイレの環境整備に関する調査研究」報告書を公表しました。
 同検討会は、令和2年5月に「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)が改正され、国、地方公共団体、国民、施設設置管理者等の責務等として、障害者用トイレ等の高齢者障害者等用施設等の適正な利用の推進が追加となったこと等から、トイレの整備状況や利用状況に関する実態把握を行い、多様な利用者に配慮したトイレ整備のあり方や適正な利用の推進に関する今後の取組方針について検討を行うこととされていました。
 調査研究報告書の主なポイントは次のとおりです。
〇今後のトイレ整備に求められる基本的な内容
■車椅子使用者用便房等の適正利用の推進
(1)車椅子使用者用便房等の機能分散の推進に必要な考え方
• 機能分散の対象として、乳幼児連れ用設備やオストメイト用設備を一般トイレ内に設置することを推進。
• トイレブロック単位での機能分散が難しい場合、施設全体での整備や近隣の公共的施設との連携も有効。
• 車椅子使用者用便房等の利用集中の一因である一般トイレの混雑解消のため、適正な一般便房数の確保
が望ましい。
(2)多様な利用者特性への対応
• 大型の電動車椅子でも利用でき、介助用の大型ベッドを設置した広めの便房を1以上整備することを推進。
• 同行者との利用や、異性介助の視点等を踏まえた男女共用で利用が可能なトイレ空間の整備の推進。
• 利用者の動きを想定した乳幼児連れ用設備(ベビーチェア、おむつ交換台等)の配置等の実施。
• 一般便房の利用意向がある視覚障害者等や、感覚過敏などの多様な利用者の特性に配慮した整備の実施。
(3)多様な利用者が必要とする設備・機能の有無・位置に関する情報提供の推進
• 施設内でのトイレの整備状況等について、ウェブサイト等による施設利用における事前情報の提供が必要。
• 施設全体の位置関係を示すフロアアマップ等によるトイレの位置・利用可能な設備等の情報提供が重要。
• ICTの活用等による利用集中の解消を目的とした一般トイレも含めた選択肢の情報提供を推進。
■車椅子使用者用便房等の適正利用の推進
(4)適正利用の推進に向けた広報啓発・教育等の充実
• 機能分散の状況に合わせて、当該便房の対象を明確にしたり、適正利用の配慮が必要な高齢者障害者等用便房(バリアフリートイレ)であることを示すとともに、設置された設備等をピクトグラム等で明示することが望ましい。
 なお、具体例として「多機能トイレ」「多目的トイレ」等の名称ではなく、設置された設備や機能が必要な人が対象であることが伝わる情報提供、表記等とすることが必要としています。
• 「急を要するなどやむを得ない場合を除き、必要な方以外は利用を控える」といった「基本的な考え方」に基づいた適正利用の広報啓発が必要。
• 機能分散の考え方を事業者や利用者へ周知する等、利用者の行動を変容させる教育活動等の取組が必要
 詳しくは下のサイトをご覧ください。(寺島)
 https://www.mlit.go.jp/report/press/sogo09_hh_000281.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【障害児教育】第4回「リハ協カフェ」2月24日(水)13:30~「Learning Crisis」「デイジー図書」

第4回「リハ協カフェ」

日時:2021年2月24日(水)13:30~15:15
会場:リモート開催(Zoom)
主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
参加費:無料
定員:100名
申込先:https://kokucheese.com/event/index/606406/

趣旨
国際リハビリテーション協会(Rehabilitation International:RI)は、1922年に設立された世界的な民間組織で、世界100カ国以上の障害者団体、障害者サービス提供団体、政府組織、障害関係研究者、支援者などが加盟しています。当協会は日本の窓口です。
当協会では、海外からの訪問者の報告会等を実施しておりましたが、本年度は、新型コロナウイルの影響で海外関連の報告会の実施は難しい状況にあります。そのため、「リハ協カフェ」として、リモートによる報告会を企画し、今回は第4回目の開催です。
柴田 邦臣先生 津田塾大学 学芸学部 国際関係学科 准教授)より、「COVID-19の影響からインクルーシブ教育の現場で生まれつつある「Learning Crisis」について」、西澤 達夫(日本障害者リハビリテーション協会 参与) より、「デイジー図書(アクセシブルな電子書籍)」による読みの困難を持つ子ども達への支援の現状、課題」をご報告頂きます。
関係者以外にも広くご参加を募ります。皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム(敬称略)

13:30-13:35 開会挨拶
        君島淳二(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 常務理事)
13:35-14:15 報告1
        「COVID-19の影響からインクルーシブ教育の現場で生まれつつある
        「Learning Crisis」について」
        発表者:柴田 邦臣先生(津田塾大学 学芸学部 国際関係学科 准教授)
14:15-14:25 質疑応答
14:25-15:05 報告2
        「デイジー図書(アクセシブルな電子書籍)」による読みの困難を持つ子ども達へ
        の支援の現状、課題」
        発表者:西澤 達夫(日本障害者リハビリテーション協会 参与)
15:05-15:15 質疑応答
15:15     閉会
15:15-15:30 交流会
*プログラムの内容に変更がある場合がございます。ご了承ください。

2月18日(木)までにお申し込みください。
定員満員になり次第、締め切りとなりますので、ご了承ください。
お名前、ご所属、ご住所を明記の上、手話通訳、要約筆記、点字資料など必要があれば
申し込み時にお知らせください。参加登録された方へZoomのURLをお送りいたします。

※ご提供いただいた個人情報は、日本障害者リハビリテーション協会の個人情報保護方針に従い、厳重に管理いたします。また、この情報に基づき、このシンポジウム、講習会等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他当協会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。ご案内を希望されない場合はその旨お知らせください。

【お問い合わせ先】
 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 国際課 仁尾(にお)・村上
 〒160-0052東京都新宿区戸山1丁目22番1号
 TEL: 03-5273-0601   FAX: 03-5273-1523
申込先:https://kokucheese.com/event/index/606406/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[群馬県]テレワークで働きたい障害者のための企業採用説明会を開催

 令和3(2021)年1月13日、群馬県は、テレワーク(在宅勤務)で障害者を雇用している企業が、募集内容や雇用条件、求める人材等について説明する「テレワークで働きたい障害者のための企業採用説明会」を開催することを発表しました。
 同県は、重度の身体障害や精神・発達障害などにより、職場へ出勤するのが困難な方の就労機会を拡大するとともに、県内企業・事業所の障害者雇用促進のため、障害者のテレワーク支援に取り組んでいるとのことです。
 説明会の開催日時は、令和3年2月4日(木)午後3時から5時までで、参加できる方は次の通りです。
 群馬県内在住の、テレワークに関心のある障害者やその御家族の方
 障害者就業・生活支援センターや就労移行支援事業所、就労継続支援事業所(A・B型)、特別支援学校の職員など支援者の方
 説明会はリモートで行われ、下のテレワーク(在宅勤務)で障害者を雇用している企業3社が、募集内容や雇用条件、求める人材等について説明します。
【参加企業】※50音順
株式会社あなぶきパートナー九州(福岡)
ジョブサポートパワー株式会社(東京)
株式会社テクノプロ・スマイル(東京)
 詳しいことは下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.pref.gunma.jp/houdou/g23g_00105.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【共生社会】とりのこさないセミナー2020 パラリンピック選手他 1月16日(土)14:00

JANNET研究会 とりのこさないセミナー2020
「共生社会のアフターコロナ ―障害課題 とりのこさないを今こそ―」
日時:2021年1月16日(土)14:00~15:30
会場:リモート開催(Zoom)
主催:JANNET(Japan NGO Network on Disabilities=障害分野NGO連絡会)
参加費:無料
定員:100名

趣旨
新型コロナウィルスの感染拡大は、経済活動や東京パラリンピック競技大会の延期、国際協力事業や、障がいを持つ人々の医療・情報アクセスならびに雇用など、様々なところに影響を及ぼしています。JANNETは設立から今日まで27年にわたり、障害分野の国際協力を行う民間の市民社会組織(CSO, NGO) ネットワークとして、さまざまな活動を通じて「誰ひとり取り残さないインクルーシブ社会の実現」を目指してきました。感染症の影響をうけたとしても、これまでと変わらず障害課題と国際協力分野での、「とりのこさない」を実現する歩みを止めることはありません。われわれJANNETの決意として、このたびの研修会を企画しました。スポーツ、ビジネス、テクノロジーの視点から将来のアフターコロナにむけた共生社会の在り方を考えます。これまで社会的な理由でJANNET研究会に参加が難しかった多くの人、関心のある方他、皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム(敬称略)
14:00-14:05  開会挨拶 清水 直治 JANNET会長
14:05-14:20 「国際活動とアダプデッドスポーツ」(仮) 初瀬 勇輔 視覚障害者柔道選手/(株)ユニバーサルスタイル代表取締役
14:20-14:35 「世界のソーシャルファーム」 寺島 彰 日本障害者リハビリテーション協会 参与
14:35-14:50 「障がい者をとりのこさない外出支援の挑戦」 川添 高志 ケアプロ(株) 代表取締役社長
14:50-15:30 パネル討論 「障がいをとりのこさない共生社会の観点からアフターコロナの展望/可能性について検討」
15:30     閉会

*プログラムの内容に変更がある場合がございます。ご了承ください。

【発表者プロフィール】
・初瀬 勇輔(視覚障害者柔道選手/株式会社ユニバーサルスタイル代表取締役)
中央大学法学部在学中、緑内障により視覚障害となる。失意の底にあったが、高校時代に打ち込んだ柔道を再開し、全日本視覚障害者柔道大会9連覇、アジア大会2連覇に次いで、再開当初から目標にしていた北京パラリンピック出場を果たす。2011年には、障害者雇用に貢献するため、株式会社ユニバーサルスタイルを設立。企業の健康経営や個人の健康をサポートする活動にも尽力。また、東洋経済の次世代リーダー50人にも選ばれる。現在は、東京パラリンピックへの出場を目指す傍ら、日本パラリンピアンズ協会理事など15以上の団体の理事も務めている。著書「いま、絶望している君たちへ」(日本経済新聞出版社)出版。

・寺島 彰(元浦和大学総合福祉学部 学部長 教授/公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 参与)
大学で障害児教育を専攻。身体障害者更生施設のソーシャルワーカーとして16年間勤務した後、厚生省(現厚生労働省)障害福祉専門官、国立身体障害者リハビリテーションセンター国際協力専門官、同センター研究所障害福祉研究部社会適応システム開発室長、同障害福祉研究部長、浦和大学総合福祉学部教授・学部長等を歴任。現在は、公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会参与。
日本社会福祉学会、日本介護福祉学会、日本経済政策学会、日本地域政策学会会員。日本障害フォーラム国際委員長、障害者放送協議会放送通信バリアフリー委員会委員長等を務める。社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員。

・川添 高志 (ケアプロ株式会社 代表取締役社長)
2005年3月 慶應義塾大学看護医療学部卒業。看護師・保健師。経営コンサルティング会社、東京大学病院を経て、2007年12月起業。ワンコイン健診(現セルフ健康チェック)や訪問看護、外出支援のドコケア、サッカーイベントのコロナ対策や救護運営のサッカーナースを展開。

【申込方法】
以下のサイト、またはFAXにてお申し込みください。
https://kokucheese.com/event/index/606339/
 1月12日(火)までにお申し込みください。
定員満員になり次第、締め切りとなりますので、ご了承ください。
お名前、ご所属、ご住所を明記の上、手話通訳、要約筆記、点字資料など必要があれば申し込み時にお知らせください。参加登録された方へZoomのURLをお送りいたします。

【お問い合わせ先】
 JANNET事務局 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会内 仁尾(にお)・村上
 〒160-0052東京都新宿区戸山1丁目22番1号
 TEL: 03-5273-0601   FAX: 03-5273-1523   Eメール:kokusai@dinf.ne.jp

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[厚労省]令和3年度障害福祉サービス等報酬改定の基本的な方向性を発表

 令和2(2020)年12月11日、障害福祉サービス等報酬改定検討チームは、「令和3年度障害福祉サービス等報酬改定の基本的な方向性について」を公表しました
 同検討チームは、令和2年2月から17回にわたって議論を行うとともに、46の関係団体からヒアリングを実施した上で、下の主要事項を中心に、令和3年度障害福祉サービス等報酬改定の基本的な方向性について基本的な考え方の整理を行いました。
 各主要事項と注目される改定項目などは次のようになっています。
1.障害者の重度化・高齢化を踏まえた障害者の地域移行・地域生活の支援、質の高い相談支援を提供するための報酬体系の見直し等
(1)共同生活援助における重度化・高齢化に対応していくための報酬の見直し
 強度行動障害者に対する重度障害者支援加算の拡充、夜間支援等体制加算の見直し等
(2)自立生活援助の整備を促進するための報酬・人員基準等の見直し
(3)地域生活支援拠点等の機能の充実を図るための見直し
(4)生活介護等における重度障害者への支援の評価の見直し
 重症心身障害者を支援している場合に新たな評価導入等
(5)質の高い相談支援を提供するための報酬体系の見直し
2.効果的な就労支援や障害児者のニーズを踏まえたきめ細やかな対応
(1)効果的な就労支援に向けた報酬・基準等の見直し
 就労移行支援就労継続及び支援A型の実績の算定方法の見直し、就労継続支援B型の基本報酬体系の類型化、就労継続支援から一般就労への移行に対する更なる評価の設定 等
(2)在宅生活の継続や家族のレスパイト等のニーズに対応した短期入所の受入体制の強化
(3)施設入所支援における口腔衛生管理、摂食・嚥下機能の支援に係る評価
(4)訪問系サービスにおける利用者のニーズへのきめ細やかな対応
 重度訪問介護における自動車によって障害者を移送する場合の駐停車時の緊急支援の評価、重度障害者等包括支援の対象者要件の見直し 等 3.医療的ケア児への支援などの障害児支援の推進
(1)医療的ケアが必要な障害児への支援
 医療的ケア児に係る判定基準の見直し、障害児通所支援における医療的ケア児の基本報酬区分の設定 等
(2)放課後等デイサービスの報酬体系等の見直し
基本報酬の体系の見直し、ケアニーズの高い障害児への支援及び専門職による支援の評価
(3)児童発達支援の報酬等の見直し
 児童発達支援センターの基本報酬の見直し 等
(4)障害児入所施設における報酬・人員基準等の見直し
 障害児入所施設の18歳以上の入所者の地域移行の推進に係る報酬等の見直し 等
4.精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの推進
 地域移行実績の更なる評価、早期の地域移行支援の評価、入院後1年以内に退院する場合の評価、医療と福祉の連携の促進、ピアサポートの専門性の評価 等
5.感染症や災害への対応力の強化等
(1)日頃からの備えや業務継続に向けた取組を推進するための運営基準の見直し
(2)支援の継続を見据えた運営基準や加算算定の要件の緩和
6.障害福祉サービス等の持続可能性の確保と適切なサービス提供を行うための報酬等の見直し
(1)制度の持続可能性を確保しつつ適切なサービス提供を行うための報酬等の見直し
(2)障害福祉現場の人材確保・業務効率化
(3)その他経過措置の取扱い等
なお、具体的な改定内容については、介護報酬における対応等を踏まえつつ、今後の予算編成過程を経て決定されるとのことです。
 詳しくは下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.mhlw.go.jp/content/12200000/000704861.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【報告会】デイジー教科書事例報告会 12月12日 (土) 13:30~定員500へ

デイジー教科書事例報告会
12月12日 (土) 13:30~17:00
■会場:オンライン開催(Zoom使用)
■定員:500名(※応募多数のため、増やしました。)
■参加費:無料
■情報保障:希望に応じて要約筆記・手話通訳をご用意します。
■申込先・問合せ:公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
TEL:03-5273-0796 / FAX:03-5273-0615 /e-mail: daisy_c@dinf.ne.jp
URL: http://http://kokucheese.com/event/index/603425/
■締切:令和2年12月4日(金)
■プログラム(概要)
13:30 開会挨拶
13:35-デイジー教科書の利用申請状況報告 
14:00-デイジー教科書の教科指導における有効活用事例報告
    金森 裕治(大阪教育大学 非常勤講師)
15:00-デイジー教科書利用経験者からの提言、小学生時代の支援
小林 明史(長野県の高校生)、池田 明朗(長野県上田市立丸子中央小学校教諭)
15:45-デイジー教科書の理数系教科の製作における課題と今後
鈴木 昌和(九州大学 名誉教授・サイエンス・アクセシビリティ・ネット 代表理事) 
16:30-質疑応答

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[ロボット]分身ロボットで重度身体障害者によるICT在宅農福連携モデル実証実験を実施

 2020年11月24日、公立大学法人宮城大学によれば、同大学は、有限会社伊豆沼農産と 協同でICT在宅農福連携モデル実証実験を開始するとのことです。
 この実験は、株式会社オリィ研究所が開発した分身ロボット(OriHime)を重度身体障害者(OriHimeパイロット)が操作することで、「〈農業の人材確保〉と〈重度身体障害者の就労〉2 つの課題を ICT で同時に解決する!」としています。
 11 月 24 日(火)~ 12 月 6 日(日)の期間中に2つの実証実験「①事前の製造現場,販売・接客研修」「②物産展・アンテナショップでの販売・接客支援」を行い、①農産物の販売の「プロモーション活動の強化」、②重度身体障害者の「新たな就労機会の創出」、③
重度身体障害者の方を農村地域と都市の「つなぎ手」に育成という3つの取り組みを行うとのことです。
 なお、この研究は,一般財団法人新技術振興渡辺記念会の「科学技術調査研究助成(令和元年度下期)」の助成を受けて実施しています。
 詳しくは下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.myu.ac.jp/academics/news/folder003/4139/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
6位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ