[米国]障害者も有酸素運動を

[米国]障害者も有酸素運動を

 アメリカ疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC)が毎月発行している報告書「バイタル・サイン(Vital Sign)」2014年5月号では、障害者を含む誰もが身体運動をすることの重要性を解説しています。
 同報告書によれば、18-64歳の米国の障害者数は2100万人以上であり、心臓病、脳卒中、糖尿病、または、癌に罹患している人は、非障害者に比べて3倍あるとのことです。しかし、障害の有無にかかわらず、有酸素運動はこのような慢性疾患の危険を減らすのに役立つことがわかっているにもかかわらず、障害者の半数近くが有酸素運動をしていません。過去に医療機関を受診した障害者の44%しか、医師に体操をするよう勧められておらず、勧められた人の82%は、運動をしているとのことです。
 報告書では、医師や医療専門家に対し、障害者にもどのくらい運動をしているかを尋ね、能力に合った運動を定期的に行うよう勧めることを勧めています。身体運動は、適度な強度のものを少なくとも週2時間30分以上行うことが良いとのことです。
 報告書は、次のサイトで読むことができます。(寺島)
http://www.cdc.gov/vitalsigns/pdf/2014-05-vitalsigns.pdf
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
4位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ