新公益財団法人での評議員会・理事会(書面審査)とは

新公益財団法人での評議員会・理事会(書面審査)とは

新公益財団法人の評議員会・理事会では、本人による出席が必須となっております。ただし、全員が賛成した議案には、書面決議が認められております。例えば、役職交代により、評議員・理事が交代する場合、必ずしも、後任を決める定例評議員会の開催時期(5月又は6月)に間に合うとは限りません。その場合は、当協会でも書面決議を実施しております。もっとも、一人でも反対意見が出た場合は、本人出席の評議員会を開催する必要があります。新公益財団への移行後は、様々なケースがあり事務局は奮闘しているところです。(MH)
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ