[米国]学齢期の児童の2%が自閉症スペクトラム

[米国]学齢期の児童の2%が自閉症スペクトラム

 2013年3月20日付のアメリカ疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC)の報告によれば、2011-2012年の児童健康調査(National Survey of Children’s Health:NSCH)における学齢期(6-17歳)の児童の2%に自閉症スペクトラム障害があったとのことです。2007年の同調査では1.16%でしたので、5年間に急激に増加しています。
 この調査は、学齢期の児童のいる家庭の保護者に自閉症スペクトラムと診断された学齢期児童がいるかどうかを尋ねています。2007年4月から2008年7月の調査では91,642人を調査し、2011年2月から2012年7月の調査では95,677人を調査しました。
 自閉症スペクトラム障害の増加の原因としては、診断法の進歩により、以前は自閉症スペクトラムと診断されなかった児童が今回の調査で該当するようになったためであろうと考察しています。
 詳しくは、http://www.cdc.gov/nchs/data/nhsr/nhsr065.pdfをご覧ください。(寺島)
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ