[英国]財政緊縮政策の障害者への影響

[英国]財政緊縮政策の障害者への影響

 デモス(Demos)という民間のシンクタンクによれば、2013年4月から始まる障害者生活手当(disability living allowance:DLA)の減額、雇用支援給付(employment and support allowance :ESA)の減額、住宅給付(housing benefit)の減額、および、いわゆるベッドルーム税(bedroom tax)の導入により、2018年までに、370万人の障害者の収入が283億ポンド減るとのことです。
 キャメロンの財政緊縮政策の一環として厳しい福祉改革が行われていることはすでにこのブログでも紹介してきていますが、今月から本格的に実施されます。特に弱者への給付金を大幅に減額する方針ですので、障害者への悪影響が懸念されています。
 今回の発表では、上の手当減額等の外に、就労不能給付(Incapacity benefit:IB)、児童手当の凍結、手当総額の上限設定、個別自立手当(Personal Independence Payment:PIP)の導入、自立生活基金(Independent living Fund)廃止等、13種類の手当制度等の変更があり、それを合計すると上のような数字になるとのことです。特に問題なのは、障害者の一定のグループを繰り返しターゲットにする改革であるということだそうです。
 計算の過程など、詳しくは、http://www.demos.co.uk/blog/destinationunknownapril2013をご覧ください。(寺島)
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
4位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ