[米国]人材派遣会社が障害者差別で40,000ドルの和解金

[米国]人材派遣会社が障害者差別で40,000ドルの和解金

 2013年4月1日の米国雇用機会均等委員会(U.S. Equal Employment Opportunity Commission:EEOC)の発表では、サンアントニオを拠点にしている人材派遣会社ディペンダブル・ヘルス・サービス(Dependable Health Services, Inc)は、差別を受けた障害のある元従業員に対して和解金として、40,000ドルを支払うことで合意したとのことです。
 脳卒中のような症状で入院した同社の従業員が退院し職場復帰したとき、医師は2週間の労働時間の緩和で回復するという診断をしましたが、顔面に麻痺があったために、脳卒中であると判断して会社はその従業員を解雇しました。実際は、脳卒中の症状ではなく、会社のこの行為は、有資格の障害者を障害を理由に解雇したり退職を迫ったりすることを禁止した障害者差別禁止法(ADA)に違反することから、EEOCは、和解の手続きを進めました。しかし、合意に達せず、テキサス西地区裁判所に訴えたものです。
 結局、裁判において調停が成立し、同社は、ADAを遵守する文書を社内に配布すること、ADAに違反する差別をしないという同社の方針を再確認すること、40,000ドルを元従業員に支払うことを約束しました。
 この裁判で注目されているのは、障害の有無についての判断です。障害のために本来の仕事をする能力を失えば有資格とは言えないので解雇も可能ですが、このケースでは、顔面麻痺があることをもって脳卒中のために本来の仕事をする能力がないと誤った判断をした点が問題視されました。
 詳しい内容は、http://www.eeoc.gov/eeoc/newsroom/release/4-1-13.cfmをご覧ください。
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
9位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ