[米国]EEOCによる障害者雇用差別に関する処理件数

[米国]EEOCによる障害者雇用差別に関する処理件数

 このブログで何度も紹介していますが、米国雇用機会均等委員会(U.S. Equal Employment Opportunity Commission:EEOC)は、独立した連邦機関で、人種、肌の色、宗教、性、出身、年齢、遺伝などによる雇用差別をなくすために設置されています。差別をされた障害者等がEEOCに訴えると、多くは和解に持ち込むことが多いのですが、悪質なケースの場合は本人に代わって裁判にもちこむこともあります。
 EEOCは障害者のみを対象としているわけではなく、事例によっていろいろな法律を根拠に対応するのですが、障害者差別の場合、障害のあるアメリカ人法(Americans with Disabilities Act:ADA)違反が多くなります。
 EEOCは、処理件数についての統計資料を公表しており、2012年の統計が発表されています。それによれば、2012年には、28,799件処理されました。それを障害別にみると、視覚障害601件(2.1%)、聴覚障害893件(3.1%)、言語障害144件(0.5%)、非麻痺性肢体不自由2,427件(8.4%)、心臓機能障害1,070件(3.7%)、腎臓機能障害248件(0.9%)、HIV219件(0.8%)、外傷性脳損傷319件(1.1%)、学習障害518件(1.8%)、うつ2,008件(7.0%)などになっています。詳しくは、次のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www1.eeoc.gov/eeoc/statistics/enforcement/ada.cfm
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ