[英国]鉄道改革による障害者への影響

[英国]鉄道改革による障害者への影響

 イギリス労働組合会議(TUC:Trades Union Congress)が実施しているアクシヨン・フォー・レイル・キャンペーン(Action for Rail Campaign)は、「鉄道職員の将来が障害者と高齢の乗客にどのように影響するか(What does the future of railway staffing mean for disabled and older passengers?)」というレポートを発表しました。このレポートは、今後予定されている英国の鉄道改革が実施され、14,000人の鉄道職員が削減されたとき、障害のある旅行者や高齢者の鉄道利用にどのような影響があるかを調査したものです。
 調査対象者は、1,031人の障害者でした。調査の結果、71%が鉄道を利用するとき鉄道職員から何らかの手助けを受けており、その83%が鉄道職員はよく訓練されており礼儀正しく役に立つと述べています。また、73%が列車の乗降時に支援を受けており、58%が列車内の設備を使うときに手伝ってもらっていると答えています。その結果、81%の障害者が、鉄道駅の職員が削減されたら鉄道旅行は困難になると答えています。
 英国の鉄道改革は、2011年に運輸省などの依頼でロイ・マクナルティ卿が作成した「鉄道の価値の研究(Rail Value for Money Study)」という報告書に基づき実施されようとしており、20,000人の鉄道職員が解雇される危険があるとのことで、労働組合がこのようなキャンペーンを展開しています。
 TUCのレポートは、http://actionforrail.org/what-does-the-future-of-railway-staffing-mean-for-disabled-and-older-passengers/、ロイ・マクナルティ卿のレポートは、http://www.rail-reg.gov.uk/server/show/ConWebDoc.10401にあります。(寺島)
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
7位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ