[米国]障害児教育に関する用語集

[米国]障害児教育に関する用語集

 全国障害児普及センター(NICHCY:National Dissemination Center for Children with Disabilities)は、障害児教育に関する特殊な用語を説明した用語集を公表しています。その目的は、障害児教育に関する会議や文献には多くの特殊な用語が出てきますが、それの意味を理解しないと内容を理解できないので、それらの特殊な用語の意味を解説した用語集を提供するということです。
 アメリカには、障害者教育法(IDEA:Individuals with Disabilities Education Act)という連邦法があり、3~21歳の障害児は、無償の適切な公教育を受けることができます。この用語集の多くは、この障害者教育法における定義を紹介したものになっています。
 例えば、障害児(Child with a Disability)の定義、無償の適切な公教育(Free Appropriate Public Education)の定義、個別教育計画(IEP:Individualized Educational Plan)の定義などが紹介されています。詳しい内容は、http://nichcy.org/schoolage/keytermsをご覧ください。(寺島)
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ