[脊髄損傷]横隔膜ペーシング

[脊髄損傷]横隔膜ペーシング

 学術誌トラウマ・アンド・アキュート・ケア・サージェリー(Trauma and Acute Care Surgery)第76巻第2号(2014年2月発行)で発表された論文「Multicenter review of diaphragm pacing in spinal cord injury: Successful not only in weaning from ventilators but also in bridging to independent respiration」によれば、受傷後早期に横隔膜ペーシングシステム(Diaphragm Pacing System:DPS)を導入することにより、脊髄損傷者の呼吸が改善されたそうです。

 29人の患者のうち、7名は横隔膜が刺激に反応しなかったために効果はなかったが、効果のあった22人中16人が平均10日で人工呼吸器を必要としなくなったとのことです。

 横隔膜ペーシングシステムは、横隔膜のペースメーカーで、横隔膜に電気的刺激を与えて、上位頸髄損者などの呼吸を支援しようとするものです。詳しいことは、論文をご覧ください。論文は下のサイトでみることができます。ただし、アブストラクトは無料ですが、全文は有料です。
http://journals.lww.com/jtrauma/pages/currenttoc.aspx#-1313510362
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
4位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ