[米国]連邦政府の契約業者の最低賃金の対象に障害者も含まれることを大統領が言及

[米国]連邦政府の契約業者の最低賃金の対象に障害者も含まれることを大統領が言及

 2月1日のブログで紹介しましたが、オバマ大統領が2014年1月27日に行った一般教書演説において、連邦政府と契約している業者は、最低1時間10ドルの最低賃金を労働者に支払うよう大統領命令を出すことを明言しました。しかし、最低賃金法の適用を除外されている障害者はこの労働者には該当しないという政府の見解でした。

 しかし、2月14日、その大統領命令を発効させるための署名をするにあたっての演説において、オバマ大統領は、この労働者に障害者も該当するということを明らかにしました。オバマ大統領は、連邦政府と契約する業者の労働者最低賃金を10ドル10セントにすることを述べた後、「障害のない者と同じ仕事をしている障害者も」この労働者に含まれると言及しました。最低賃金法の適用除外を受けている障害者もその対象なのかについては、明確に発言していませんが、なんらかの変化はありそうです。

 オバマの演説は、下のサイトで読むことができます。(寺島)
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2014/02/12/remarks-president-signing-executive-order
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ