[米国]EEOCが差別禁止法に反しないコロナウイルスへの対応方法について通知

[米国]EEOCが差別禁止法に反しないコロナウイルスへの対応方法について通知

 2020年4月17日、雇用機会均等委員会(Equal Employment Opportunity Commission:EEOC)は、コロナウイルスへ対応する際に、差別解消法について知っておくべき事項についての通知を更新しました。
 EEOCは、障害のあるアメリカ人法(Americans with Disabilities Act:ADA)、リハビリテーション法(Rehabilitation Act)、公民権法タイトルⅡ(Title VII of the Civil Rights Act)、雇用に関する年齢差別禁止法(Age Discrimination in Employment Act)、遺伝情報差別禁止法(Genetic Information Nondiscrimination Act)などの差別禁止法を管轄していますが、雇用主がアメリカ疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention :CDC)などのガイドラインに従い、コロナウイルスへ対応する際に、これらの差別禁止法に対してどう配慮すればよいかについてすでに、「職場におけるパンデミックへの備えと障害を持つアメリカ人法(Pandemic Preparedness in the Workplace and the Americans With Disabilities Act)」を通知しており、また、2020年3月19日には、その更新をしていますが、今回の通知は、さらに追加で示されたものです。
 通知は、Q&Aの形式をとっており、例えば、「従業員から病気で仕事を休むと連絡があったときに、病気の状態についてどのくらいまで尋ねてよいのか。」、「従業員の体温はいつ測定してよいのか。」、「従業員にコロナウイルスの症状があった場合、家にいることを要求しても良いのか」など、「障害に関する問い合わせと健康診断」、「医療情報の秘密保持」、「求人と採用」、「合理的配慮」、「出身国、人種、その他の保護すべき特性に関する嫌がらせの防止」、「休暇とレイオフ」、「職場復帰」についてのQ&Aが示されています。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.eeoc.gov/eeoc/newsroom/wysk/wysk_ada_rehabilitaion_act_coronavirus.cfm

関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
5位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ