[米国]リードセンターがABLE口座活用のためのレポートを公表

[米国]リードセンターがABLE口座活用のためのレポートを公表

 リードセンター(LEAD CENTER)は、2020年4月2日付ニュースレターにおいて、「エイブル法と雇用:障害のある人々の家計の安定と雇用達成のためのツールとしてのABLE法を最大限利用するための戦略(The ABLE Act and Employment: Strategies for Maximizing the Effectiveness of the Achieving a Better Life Experience (ABLE) Act as a Tool for Financial Stability and Employment Outcomes of People with Disabilities )」というショートレポートを公表しました。
 エイブル法(Achieving a Better Life Experience (ABLE) Act (Public Law 113-295))は2014年12月に成立した法律で、46歳以下(2019年に26歳から引き上げられた)の障害者のための特別な非課税の普通預金口座(ABLE口座)を認めています。「障害のある米国人法(ADA法)」などとともに、障害者のニーズに対応した重要な連邦法の一つであるといわれています。この口座に振り込まれる収入は一定額まで収入認定されず、また、預金額も一定額まで資産認定されませんので、働くことで資力調査のある制度から離脱してしまうことを恐れて働かない人が多いという問題を解決しようとした制度です。
 このレポートでは、この口座を有効活用する方法について紹介しています。例えば、職業リハビリテーション、メディケイド、補足的社会保障所得(SSI)や社会保障障害年金(SSDI)、労働刷新・機会法(Workforce Innovation and Opportunities Act:WIOA)関連制度におけるABLE口座の活用法を具体的に紹介しています。
 リードセンターは、これまでこのブログでも何回か紹介しています全国障害研究所(National Disability Institute:NDI)が運営している機関で、正式には、障害者の雇用と経済的成長のための全国指導センター(National Center on Leadership for the Employment and Economic Advancement of People with Disabilities:LEAD)といい、米国労働省障害者雇用政策局(Office of Disability Employment Policy)が運営資金を出しています。障害者の一般雇用の推進を目的にしています。
 レポートは下のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www.leadcenter.org/system/files/resource/downloadable_version/LEAD_ABLE_Policy_Brief.pdf
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
5位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ