[米国]運輸省が航空機内におけるサービス・アニマルに関する優先事項についての最終声明を公表

[米国]運輸省が航空機内におけるサービス・アニマルに関する優先事項についての最終声明を公表

 以前のブログでも紹介しましたが、米国運輸省(U.S. Department of Transportation (DOT))が、昨年5月以来、航空アクセス法(Air Carrier Access Act(ACAA))のサービス・アニマル(service animal)に関する規定を検討してきました。その結果として、2019年8月8日、正式なガイダンスを公表しました。
 サービス・アニマルは、障害者を支援する動物で、盲導犬がよく知られていますが、米国では、航空アクセス法に基づき、旅客機は、原則的に乗客がサービス・アニマルと搭乗することを拒否できないことになっています。そのために、ブタやイグアナなど通常は考えられない動物ををサービス・アニマルとして持ち込もうとする乗客と航空会社との間で、多くのトラブルが発生しており、正式なガイダンスが求められていたものです。
 今回のガイダンスでは、機内に持ち込める動物種、一人の障害者が持ち込める頭数、サービス・アニマルであることの証明、チェックインのための事前登録、動物の年齢、動物の体重、飛行時間、情緒的に支持する動物(emotional support animals:ESA)と精神医学的なサービス動物(psychiatric service animals: PSA)に関する診断書様式、などについて同省の見解を表明しています。
 今回のガイダンスで、少し驚いたのは、ミニチュア馬を、一般的な持ち込み可能なサービス・アニマルとして認めている点です。いろいろ興味深い見解が示されています。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.transportation.gov/individuals/aviation-consumer-protection/final-statement-enforcement-priorities-service-animals
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ