[日本]社会保障給付費が120兆円超え

[日本]社会保障給付費が120兆円超え

 2019年8月2日、国立社会保障・人口問題研究所は、平成29(2017)年度「社会保障費用統計」の概況を公表しました。それによれば、2017年度の「社会保障給付費」総額は 120兆2,443億円で、過去最高を記録したとのことです。
 「社会保障費用統計」は、年金や医療保険、介護保険、雇用保険、生活保護など、官民問わず、社会保障制度に関する1年間の国全体の支出を集計したものです。
 OECD(経済協力開発機構)の基準により集計した「社会支出」とILO(国際労働機関)の基準により集計した「社会保障給付費」の二通りの統計があります。
 「社会支出」(OECD基準)は、「社会保障給付費」(ILO基準)と比べ、施設整備費など直接個人には移転されない支出まで集計範囲に含んでいます。  集計結果のポイントは、下のとおりです。
・「社会支出」は124兆1,837億円で、前年度に比べ1兆9,722億円増加(1.6%)
・「社会保障給付費」は120兆2,443億円で、前年度に比べ1兆 8,353 億円増加(1.6%)
・国民1人当たりの「社会支出」は98万100 円、「社会保障給付費」は94万9,000円。
・社会支出を政策分野別にみると、最も大きいのは「高齢」で56 兆9,399 億円、次いで「保健」の 41 兆 8,713 億円。この2分野で総額の約8割(79.6%)を占めている。
・社会保障給付費を「医療」、「年金」、「福祉その他」の部門別にみると、「医療」は39兆4,195億円で総額に占める割合は32.8%、「年金」は54 兆8,349億円で同45.6%、「福祉その他」は25兆9,898億円で同 21.6%となっている。「福祉その他」のうち「介護対策」は 10兆1,016億円で同8.4%である。
・部門別社会保障給付費の対前年度伸び率は、「医療」が 1.6%、「年金」が 0.8%、「福祉その他」が3.1%である。「福祉その他」のうち「介護対策」は 4.1%である。
・社会保障給付費に対応する、社会保険料や公費による負担などの「社会保障財源」は、総額141兆5,693億円で、前年度に比べ5兆441億円増となっている。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www.ipss.go.jp/site-ad/index_Japanese/security.asp
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
4位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ